23区のマンションに投資するのはどうなのか?

マンション投資を行なうならば、まず地域の選定の基準にしたいのが23区にあることです。

東京23区は、日本全国でも人口が多い地域です。
2013年4月調べでは、東京都の人口は13,221,566人、このうち23区の人工は9,002,472人です。
もっとも人口が多いのは世田谷区で885,492人、2位は練馬区の717,570人、3位は大田区の696,439人となっています。
以下、10位の品川区までは36万~50万人です。

人口密度が高い上位3位は、豊島区、中野区、荒川区です。
中野区は副都心に近い場所にありながら、1キロ平方メートルあたり2万人を超える密集地域で、人口密度が最も低い千代田区4、000人以下に比べると5倍になります。

東京23区は、首都機能をはじめとして多くの企業が集まっており、行政、病院、学校、金融機関、商業施設などの生活に必要な機能もきめ細やかに揃っています。
言うまでもなく、電鉄、地下鉄、バス、タクシー、高速道路などの交通インフラが行き届いていますから、仕事をするにも、生活をするにも便利で快適な毎日を送ることができます。

マンション投資は、入居者がいてはじめて賃料が入ってきますので、人口が多い、流入者が多い地域にあることは入居率が高いと予想されます。

空室の期間をできるだけ少なくするためには、都市部に投資物件を持つことがリスク軽減につながります。

サイトトップ

また将来、物件を売却することがあったとしても、都市部の物件であれば売却がスムーズに行くと考えられます。

経済教育の必要性

若い世代や子供たちに未来の日本を語らせると、何も期待していない、期待できないという回答が返ってくるそうです。

一生懸命に働いても、それが自分に還元されず、高齢者への社会保障に充てられてしまうのではないか。
今の日本が抱えている借金を自分たちの世代が支払わなければならないのではないか。
こういった将来への不安を、子供たちまでもが口にするという時代は、決して明るい時代とは言えません。

報道機関や大人たちが口にする安易な将来展望を鵜呑みにして、暗い未来しか想像できなくなった子供や若者たちこそ、未来の日本経済の核となるのだということを指し示すことがいま、求められているのです。

経済とは何か、お金とは何かは、学校教育のなかでは受験向けの型にはまった記憶型教育でしか教えません。
しかし、国家経済も個人の財務も、一生つき合って行かなければならないものであって、それを具体的に知らないで社会に出て行くことは、憂うべきことなのです。

インターネットの株取引が日常化されるなか、証券会社は次世代の顧客獲得と、株式投資の啓蒙を併行させるために、義務教育機関へ出張の経済教室を試みました。

また、中学校や高校でも、株式投資シミュレーションのコンテストなどを行ない、知識を身につけさせ、競い合わせるといった試みも続いています。

経済とは何か、お金とどうやってつき合って行くのかを知ることは、自分たちが生きていくために非常に重要なことであり、また目的を明確にする手段にもなります。

学校教育の一環として、こうした試みが必須科目になり、子供や若者たちが自分たちの未来を新たな視点で見ることができるようにすることが必要な時代であると考えられます。

投資教育が、少しずつ浸透していく中、不動産(マンション)投資について取り組んでいるところはないように思えます。

投資にもいろんな種類がありますし、株だけでなく子供の時からあらゆる資産運用や投資の知識を身に着けさせることは大事なのではないでしょうか?

マンション投資を学ぶならTOPぺージへ

失敗しない投資用マンションの物件探し

投資用ワンルームマンションの購入を考えたときに
「どんな点を注意して探せばいいのか見当もつかない。」という方も多いでしょう。
マンション投資で失敗しない為にも投資マンションを探す際のチェックポイントを
おさらいしていきましょう。

1つ目に立地の良い物件を購入する。
失敗しないマンション経営を考えた場合、好立地で物件を保有することは絶対条件かも知れません。
これは、賃貸経営における成功の可否を決める賃貸需要を考えた際、欠かせません。

現在、日本は二極化が進んでいます。人口においても世帯数においても不動産価格においてもこの事がいえます。
投資ワンルームマンションを購入する場合、好立地の物件を選びましょう。

2つ目になるべく築の浅い物件を選ぶこと
これは投資スタイルによって絶対条件ではないかもしれませんが、サラリーマンのような方が投資の
リスクを少なくし、失敗しない為には、必要です。

また、地震のリスクも築年数に関係があります。

現在に至るまで耐震基準の改正が何回も行なわれており、築年数により、大きく耐震基準が違います。
まずは、新耐震基準(1981年)以降の物件を持つことは当たり前の話ですし、出来れば品確法(2000年)以降の物件を選んだ方が無難です。
さらに言えば、住宅瑕疵担保履行法以降の物件を選ぶべきです。

自己資金が潤沢にあり、この物件で失敗しても他で補えるような方であれば、高利回り物件という選択肢も
ありますが、ほとんどの方はそこまでの自己資金を持っている方は少ないのでこういった基準を元に選んでいきましょう。

マンション経営