将来の資産形成どうしますか?

「投資」「資産運用」など、自身の将来の資産形成をどうしていくかはおそらく皆さん共有の悩みと言えるのではないでしょうか。
年金への不安からなる老後の収入の確保の為、低金利の銀行定期預金に預けるよりはと投資を考える時に、やはりリスクが少なく、
メリットの多い投資をしたいものです。

不動産投資は、優れた資産運用の方法として非常に注目を集めています。
株式投資、外貨投資、はたまた国債等様々な形の資産運用の形があります。
そういう中でマンション投資のメリットとは一体どう言った所が挙げられるのでしょうか。
やはりマンション投資のメリットの大きな部分は、「デメリットが少ない」と言う部分ではないでしょうか。
言葉遊びのように聞こえてしまうかもしれませんが、株式投資や外貨投資と比べるとリスクが少ない投資であることが、やはりメリットであると言えます。

株式投資や外貨投資などは数秒単位でその価値が変わります。それと比べると不動産の値段などはそうそう毎日のように価値の変わるものではありません。
ですから、万一その価値が下がってしまいそうな時にも家賃収入を得ながら、ゆっくりと考えて行動する事が出来ます。
のメリットはそれだけではありません。

投資用不動産を購入し、入居者に貸すと当然ですが家賃収入が入ってきます。
ですからローンなどで購入した場合でも、
それは定期預金よりも利回りの高い資産運用となり、将来の資産形成にはもってこいの投資である事から、注目されているのです。

マンション投資入門講座トップにGO

マンション投資は実物資産に投資する資産運用方法です。

マンション投資は実物資産に投資する資産運用方法です。

資産運用で代表的なものと言えば、
株式投資、FX、投資信託、国債など昔で言えばペーパー資産、
今はコンピュータ上のデータ資産です。

そのデーターである形のない資産だと持った実感もありません。

もし、そのデータが消えてしまったらとか考えませんか?
(そうなっても大丈夫だと思いますが・・・。)

現物投資のほうが、安心できる人のほうが多いのではないのでしょうか?

そして、投資効率を高めるためにレバレッジを効かせる時の安心感も違うのではないでしょうか?

レバレッジを使うと他人資本で資産が形成できます。

不動産投資は融資を使って投資効率を上げることができます。

不動産投資は他人資本を使う投資としてはかなり優れた投資法です。

銀行からの融資という他人のお金を使い物件を購入し、家賃収入という他人のお金で返済します。

そうすれば、自分自身には、わずかな資金しかなくとも他人のお金を使って
大きな資産を形成できるのです。

こういう投資ってかなり限られるのではないのでしょうか?

株を購入するからお金を貸してくださいといっても融資をしてくれる銀行は、
ほとんどないでしょう。(企業買収などを除き)
それは、株は、その会社が倒産などすれば価値が0になってしまうかもしれないからです。

しかし、不動産を購入するから、お金を貸してくださいと言えば、
銀行は喜んで貸してくれます。

それは、不動産という実物資産を購入するからです。

もし、万が一返済が出来なくても不動産という実物資産を
担保に取っていれば、それを売却し現金にすればいいのです。

建物は古くなって老朽化することはあっても土地は、なくなりません。
価値が0になることは、まず、ないのです。

これが、実物資産に投資するメリットです。

マンション投資

マンション経営はこんなとこが他の投資に比べて優れている

投資用マンションを購入し運用を開始しても不動産管理業者を上手く使えば、
自分自身は特に何かすることなく、入居者対応や物件の維持管理といったわずらわしい仕事は全部、
不動産管理会社がしてくれます。
しっかりとした管理会社を使えば、銀行の口座の残高を確認するぐらいのものです。
もちろん自分で管理をする自主管理という方法もありますが、
知識無く不動産の管理を行なうとえらい目に遭うこともあります。
きちんとした知識が身につくまでは手間もかかりますので業者を活用することをお奨めします。
不動産投資で管理業者を上手く使い賃貸経営することは、手間が掛からずできる運用なのです。

だからといって株式投資のように経営に対して何も手を下せないのではなく
経営を自らの手でコントロールが出来る為、マンション投資はリスクを回避しやすいのです。
例えば、株投資の場合はリスクに対して経営に口出して回避することは、よほどの大株主で無い限り難しいです。
株式投資でできるリスク回避策は、株を保有し続けるか、売却するぐらいしか選択肢がございません。

しかし、マンション投資であれば他にも手を打てます。
空室が多かったり、家賃が取れていない物件であれば、リフォームや募集の仕方など
あらゆる空室対策を打つことで投資効率を上げることも可能です。
公務員やサラリーマンの方が不動産投資をしたとしても経営者となって運営方針などを
決めていくのです。

マンション投資入門講座