どの土地で買うべきか

マンション投資を始めるにあたって投資用のマンションをどの土地で買うべきか。

これはマンション投資の成否を問う大きな分岐点であるとも言えます。

当然、投資用マンションには自分自身が住む訳では無いですから、入居需要が多そうで、利回りの良い土地でのマンション投資をされるのが一番です。

そこで、やはりオススメしたいのが都心でのマンション投資。

地方の都市部でのマンション入居需要も年々高くなっておりますし、もちろん地方でマンション投資を成功されている方も多くいらっしゃいますが、
やはり都心部でのマンション投資の方がその入居需要の高さと、投資用物件の充実さ両面から見ても初めてのマンション投資には有利かと思われます。

その中でも、購入資金も安く入居需要が特に高いのが都心のワンルームマンション。
やはり、地方から入学や就職などで都心部に単身で上京される方は圧倒的に多いですし、SOHOオフィスとしての需要、単身赴任者向けの需要等、
都心部ならではの入居需要があるのも、都心でマンション投資をする大きなメリットであると言えるでしょう。

都心でマンション投資をする際に、そのデメリットとして挙げられやすいのがそのマンション価格の高さですが、当然都心部では入居者から得られる家賃相場も高く。

充分に高い利回りでのマンション投資を行う事が出来るのも、都心でマンション投資をされる方が増加している要因と言えます。

また、都心でマンション投資を始める際のもう一つのメリットが、都心部にはマンション投資会社も集中しており、優良なマンション投資会社を探しやすい点も大きなメリットでしょう。

マンション投資入門講座

マンション投資 大規模な補修のリスク

マンション投資をするにあたっては、マンションの大規模な補修のリスクも考慮しておくべきです。

人間が歳を摂るように、建物も時間とともに必ず劣化します。これを軽減させるために、日常的なメインテナンスや管理、観察、点検などを実施することが重要ですが、長期的なマンション投資・経営の視点からは、大規模な補修のリスクは当然考慮しておく必要があるのです。日頃の管理費とは異なる、大規模な補修のための修繕積立金は、そのときになって工面するのはなかなか容易ではありません。

マンション投資している人に、いずれ大規模な補修のリスクがあることをあらかじめ教えてくれて、長期的なマネジメントプランとして、大規模な補修費用を計画するような販売会社こそ、マンション投資をしている者にとってすぐれたパートナーになります。

経営は、企業であれ、マンションであれ、投資の原点です。そこには必ずリスクが存在しますが、これを見ないようにする、無視する、隠す、のではなく、あることを前提として、幅広い観点でリスクマネジメントを行うことが経営にとってもっとも重要なことなのです。

マンションに住む人たちが安心、安全を多く求める昨今、新築マンションでは、このような大規模な補修のリスクを充分に鑑みた建築・長期計画が行われており、販売会社や不動産投資会社もマンション経営者の立場に立ったプランで提案しているようです。

何も心配がない経営および投資などあるわけがありません。

むしろ何が心配の種になるかを根本的に教えてくれて、それを軽減するノウハウを持っている実績のある販売会社を選ぶことを心がけるべきです。

マンション投資

マンション投資の失敗事例 地方都市編

マンション投資を失敗された方もやはりいます。
失敗した事例をいくつか取り上げてみましょう。
Aさんは、6年前に福岡県の博多に投資目的でマンションを購入しました。
最初は、入居もつきAさんのマンション経営は順風満帆のようでした。
その後最初の入居者が出た後が問題でした。
景気悪化の影響もあり次の入居者が
なかなかつかず6ヶ月も空室のままだったのです。
あまりにもつかないので不動産業者に相談すると
「今、景気も良くないしこの家賃では、空室だらけの博多では難しいのでさらに家賃を下げましょう」

という答え。
購入するときには福岡は人口も多いし家賃は、下がりづらいという話だったはず、
どうしてこうなったのか?
確かに景気は良くないしかし、それを考慮して家賃は下げて募集をしたのに
まだ、下げないと入居がつかないのかと大変ショックをうけたそうです。
それでは持っている物件を売って何とかしようと考えたAさんは、
さらなるショックをうけました。
売ろうと不動産会社に査定してもらったところ購入金額から大幅に下がっていたからです。
こんな金額じゃ借金も返せないと思ったAさんは売ることは一旦やめて家賃を大幅に下げ入居付けを
することにしました。
元々利益もほとんどなかったのに家賃を下げたせいで月々の持ち出しも大きく広がりました。
Aさんは売るに売れず貸しても大赤字という八方ふさがりの状態になりました。

博多のワンルームは供給過多でものすごく家賃が下がってしまっていたのです。
不動産の資産価値の維持率は立地によって大きく左右されます。
東京の都心部や再開発のエリアなどであれば大きくは不動産価格が下落しませんが、
郊外や地方都市だと大幅に下がるケースがほとんどです。
このあたりは注意が必要です。

マンション投資 失敗