マンション投資をする上でこれは必要?

マンション投資をする上でこれは必要というチェックポイントを紹介致します。
マンション経営をガっツリとしようとする人は少なく殆どが本職として仕事を別にしており
副業としてすることが多く近年ではサラリーマンでしている方が増加していると聞きます。
それではどのような事が必要なのでしょうか?
一番大事なのがサブリースシステム(家賃保証)です。
これは会社によっては借上げシステムとも呼ばれ不動産会社がオーナー様から物件を借上げる事で入居者募集や家賃を決める、
マンション管理などの本来ならばオーナー様が行うべきすべての業務を会社側が行ってくれるシステムです。

これは先ほどの本職がある人や定年退職して老後を送られておられる方や初心者の方がよく利用するシステムです。

こう聞くとオーナー様にばかりメリットがありますが会社側にも多大なメリットがあるのです。

まずは家賃を決めることが出来るので相場より少し下げて設定し入居率を上げることが出来るので収益を増やすことが出来ます。
また修繕が必要ならば自社の傘下の管理会社を使えるので自社の利益にも繋がります。

またここでチェックポイントです、この借上げシステムには他に空室保証システムというのがあるかを確認しましょう。
マンションを経営する上で一番困るのは空室による収益の不安定化です。

そのため何とか入居者を増やそうと思い家賃を決めるのですが相場やニーズを知らないため決める事ができません。

そんな時にこの借上げシステムがあるのです。このシステムを利用することで例え空室であろうとも入居者の募集は不動産会社がしているので空室保証をしてくれます。
ただ会社によってはこのシステムがない所があるのでチェックして下さい。

サイト先頭へ

年金対策と老後の住まいについてもしっかりとした対策を取られておられるでしょうか?

皆さんは、年金対策と老後の住まいについてもしっかりとした対策を取られておられるでしょうか?
やはり、老後に新しく住まいを借りようと思っても難しい部分が有りますし、子供や孫と同居している今の家は老夫婦二人には広すぎて維持の手間とお金だけがかかってしまう。

そういった方にも、マンション投資は注目されています。
なぜ、老後の住まいの対策を考えた時に「マンションに投資」をするのか?投資をしていたのでは自分自身が住む事が出来ないのではないか?それは当然の疑問ですよね。

マンション投資で老後の住まい対策をする方の多くが、現役世代の収入の多い内にローンを完済出来る返済プランで投資用マンションを購入され、
ローンを支払っている現役世代の時は投資用マンションを賃貸し、マンション経営者として家賃収入を得て毎月のローンを返済する。
そして、定年退職を迎えると共にローンの返済を終えて。老後の住まいとして、そのマンションに住む。
と言う二段構えの方法で、老後の住まい対策を取られる方が多いようです。

また、中には投資用マンションを何部屋か、または一棟全て買い上げ。自分も老後の住まいとしてそのマンションの一室に住まいながらマンション経営を続け、
年金対策と老後の住まい対策を同時に行っておられる方も多くいらっしゃいます。
そんな2足のわらじを履くような、年金対策と老後の住まい対策を共に行える点も、現在マンション経営が注目されている理由の一つであると言えるでしょう。
現在、マンション投資関連の書籍や無料のマンション投資セミナーなども数多く開催されています。

老後の住まいを子供や孫に面倒を見てもらうのは忍びないですし、避けたいですよね。
マンション投資をしっかりとしたリスクヘッジを行い、計画的に資産運用を成功させる事が出来れば、投資用として購入したマンションが自分の住まいになり、年金対策にもなるばかりか、
子供や孫の住まいとして与える事も出来ます。
先の見えない不透明な現代、そして自分の老後の時代。子供や孫に迷惑をかけずに資産を残してあげるためにもマンション投資は有効な方法で有ると言えるでしょう。

例えば老後に子供を独立させ、夫婦二人で老後を過ごしていくために必要となる生活資金を計算して見られた方はいらっしゃるでしょうか?
総務省発表の平成17年度家計調査によると、高齢者世帯が実際に必要とする生活費は月額約27万円。
そして、ゆとりのある老後生活のためには月額約38万円の生活費が必要になる、と調査・報告されています。

もちろん、家が持ち家かどうか?保険医療費がどうか?等、個々人によって必要な生活費と言うものは変動するものです。
しかし、やはり約30万円近くは老後の夫婦の生活費として必要になる。そして老後収入としては何が見込めるでしょうか?

まず、一番最初に思いつくのが「年金」
しかし、昨今の不景気や行政に対する不信感。そして少子化の問題などで年金対策が叫ばれていますが自分たちの老後に年金対策がしっかりなされているか、
それは10年先か、20年先か。行政を信じて年金対策の結果をその時まで待つしかありません。公的年金に対する年金対策は行政が行うもの。
年金制度を変えたければ、しっかりとした政治家に投票する。政治家ではない一般の我々に出来るのはその位です。

しかし、老後収入に対する出来る事。
それはたくさんあるでしょうし、自分たちが老後にゆとりのある生活を送っていくためにもしなくてはならない事であると言えるでしょう。
お孫さんにもお年玉やお小遣いをあげたいし、夫婦で旅行などにも行きたいデスヨネ。

そこで老後収入の対策、また私的年金作り等の年金対策として。マンション投資をされる方は多くいらっしゃいます。
例えば30代からローンで投資用マンションを購入し、30年ローンでマンション購入資金を完済すれば60歳を過ぎる頃には無借金のマンション資産が残る。
そして年金対策として、家賃収入を私的年金として老後収入の柱にされる。そういった資産形成の方法もあります。
いずれの資産形成でも、老後の事を考えるのに早すぎる、と言う事は有りません。ゆとりのある老後のために早めの資産計画を立てましょう。

マンション投資

マンション投資は、リスクが少ないと言われています

秒単位で価値の変わる株式投資や外貨投資と比べると、
安定した家賃収入を得られるので投資効率が良いと言われているマンション投資は、リスクが少ないと言われています。
しかし、現金やローンでマンションを購入し、家賃収入で利ザヤを得るマンション投資。リスクが全くないとは言いきれません。
例えば株式投資や外貨投資。
そしてマンション投資等の不動産投資の場合でも、その投資についての勉強は必要ですし、
リスク回避のためのリスクヘッジは必ずしておいた方が良いでしょう。

マンション投資のリスクとして最悪のケースとして一例あげると、
ローンでマンションを購入しマンション投資をスタートさせたが、継続して入居者がはいり続けず空き室状態が続き家賃収入がストップ。
老朽化のためのリフォーム費用が捻出できず、家賃が下がってしまい毎月のローンの支払いに家賃収入が追い付かず泣く泣くマンションを売却。
そして売却した金額ではローンの残債を返済しきれずに何年もローンだけを払い続ける羽目に…。

なんてことにならない為にも、しっかりとマンション投資のリスクを回避するために勉強とリスクヘッジをした上でマンション投資をスタートさせましょう。

一番に気を付けなくてはいけなくて、さらに一番先に決める必要があるのが投資用のマンションを購入する不動産会社。
入居者が入らない時の家賃収入のストップを防ぐためにも空き室補償を付けてくれる不動産会社を選ぶのがまずは正解です。
そして、先日の未曾有の大震災も記憶に新しく、耳にする事も増えてきた地震保険。こちらもリスクを回避する意味では有効でしょう。
保険に未加入で、万一大地震でも起きてしまっては泣くに泣けませんからね。

そして避けては通れないのが、マンションの老朽化と入居者の入れ替わりの際の部屋の修繕。
こうした必要経費も頭に入れた上で、マンション投資をスタートさせれば、いざリフォームが必要になったときでも慌てずに済みますからね。

マンション投資入門講座TOP