マンション投資と銀行

マンション投資を始める際は、銀行に相談することが重要です。
現金を潤沢にあるのを別としてマンション経営をしようと思った時に資金がなければ、投資はできません。
ですから、銀行からお金を貸してもらえなければ、マンション投資自体、始まらないのです。
どのような物件だったとしても、不動産投資をしようとする物件を提供してくれる不動産投資会社との打ち合わせが大切であるように、借り入れをする
銀行とも綿密な相談は必要です。

マンション経営はリスクが低く、不動産という資産が運用されることから、銀行からみれば大変ありがたい貸出先のお客様と映ります。
万が一、問題が発生しても担保として、たしかな不動産という物件があるからです。

不動産は銀行からはもちろん、いわゆる世間から見ても、たいへん信用度の高い、安全で安心な投資方法だといえます。
不動産という実物資産が形成されるということは、投資を行なっている人そのものの信用度も高くなり、一目置かれることは間違いありません。

ただお金を儲ける、お金を貯めるのではなく、投資用マンションは銀行でローンを組むことによって銀行に利息を支払うことになります。
そして、入居者は家賃を納めます。この家賃のために労働もします。
つまり、不動産投資は、経済全体に貢献する経済活動の一端を担うことにもつながるのです。

日本経済が疲弊している現在、タンス貯金をするよりも、日本経済全体に貢献することができる不動産投資は、たいへん有意義な資産運用です。

銀行もそれをよく知っているので、不動産を購入して運用をしようと考えている人には好意的なのです。

マンション投資

マンション投資で融資を受ける金融機関の種類(民間金融機関)

マンション投資で融資を受ける金融機関の種類(民間金融機関)

都市銀行
都市銀行の場合、基本的には支店や営業所がある場所であれば
どこでも取り扱いが可能です。
もしあなたの住所と物件の所在地が離れてる場所でも
都市銀行での融資も可能です。

しかし、現在では区分所有用の投資用ローンの商品はなく。
プロパーで、融資を受けるその人の年収や
属性、資産背景などに受けれるかどうか変わってきます。

しかし、地方銀行や信用金庫等に比べるとハードルは高くなります。

地方銀行
地方銀行ではいくつかの銀行ではアパートローンという商品で
不動産投資用のローンを取り扱っているところもあります。

都市銀行などに比べると融資のハードルは低くなります。
その反面、都市銀行などに比べると金利は高めになります。
また都市銀行とちがい、基本的にはあなたの住所地および物件の所在地が、
営業エリア内にあるという場合でないと融資は難しくなります。

投資用で有名な銀行でS銀行があり不動産投資に積極的ですが、
金利はかなり高くなります。

ノンバンク系の金融機関
金利に関して言えば一般の銀行に比べると、かなり高めですが、
融資のハードルはかなり低くなります。
ですので、他の金融機関で断られたが欲しい物件があった場合、
ノンバンク系の金融機関つかうという方法もあります。
金利がかなり高くなってしまうことになってしまいます。

マンション投資

マンション投資 資産運用比較 銀行預金 投資信託などとマンション投資比較

現在は100年に1度の大不況の影響で預金や投資信託に代表される金融商品は金利水準が低い為、資産運用にて投資家が満足するリターンを得る事が非常に困難な状況に陥っています。
もちろんリターンの高い金融商品が無いわけではないのですが、その分リスクも高く、安定的な資産運用としては向いておりません。 これに対してマンション経営は利回りが5~6%である事も多く、インカムゲインである賃料も景気が悪いときでさえもあまり下がらないため、投資効率に優れ、収益性、安定性を兼ね備えた資産運用として注目を集めてます。

資産運用比較 銀行預金(定期預金、普通預金)、投資信託などとマンション投資比較

マンション投資入門