資産運用の利回り

 資産運用を行なう上で最も気にしなければならないのは、安全性と利回りのバランスです。

資産運用は元金を増やして初めて運用できたことになり、元金に対してどの程度の割合で利益が出るのか考えておくことが重要なのです。

利率は額面金額に対する利子であるのに対して、利回りとは投資元本に対する利子もう組めた収益の割合を指しています。

例えば国債の場合では、表面利率は利率またはクーポンレートとも呼ばれますが、利付債について半年ごとに支払われる利子の大きさを表しています。
固定利付債は額面金額に対する1年分の利子がパーセントで表示されており、額面金額100万円について2万円の利子が払われる場合、表面利率は2パーセントとなります。
国債の表面利率は、その国債が発行された時の市場の実勢によって決定され、償還までは変わりません。

一方、利回りは1年あたりの運用益パーセント表示しています。
この運用益の中には1年分の利子収入と償還額面と購入価格の差額が含まれています。利子収入である表面利率は発酵時から償還時まで変わることはありませんが、
償還額面は購入価格が時価となっており、国債相場の状況や購入する金融機関によって変わります。

したがって、購入価格次第で国債の利回りが変わってくることになるのです。

また、マンションなどの不動産を購入して賃貸する資産運用においては、管理費や修繕費、固定資産税、あるいは空室時の無収入期間などを考慮して計算をすることが必要です。
そして、その不動産が、どのくらいの価値を保っていられるかも考慮しなくてはいけません。
販売価格と毎月の賃貸料を見る表面利回りだけを見て大きく運用できると勘違いをしてはいけないのです。

トップページ

将来の資産形成どうしますか?

「投資」「資産運用」など、自身の将来の資産形成をどうしていくかはおそらく皆さん共有の悩みと言えるのではないでしょうか。
年金への不安からなる老後の収入の確保の為、低金利の銀行定期預金に預けるよりはと投資を考える時に、やはりリスクが少なく、
メリットの多い投資をしたいものです。

不動産投資は、優れた資産運用の方法として非常に注目を集めています。
株式投資、外貨投資、はたまた国債等様々な形の資産運用の形があります。
そういう中でマンション投資のメリットとは一体どう言った所が挙げられるのでしょうか。
やはりマンション投資のメリットの大きな部分は、「デメリットが少ない」と言う部分ではないでしょうか。
言葉遊びのように聞こえてしまうかもしれませんが、株式投資や外貨投資と比べるとリスクが少ない投資であることが、やはりメリットであると言えます。

株式投資や外貨投資などは数秒単位でその価値が変わります。それと比べると不動産の値段などはそうそう毎日のように価値の変わるものではありません。
ですから、万一その価値が下がってしまいそうな時にも家賃収入を得ながら、ゆっくりと考えて行動する事が出来ます。
のメリットはそれだけではありません。

投資用不動産を購入し、入居者に貸すと当然ですが家賃収入が入ってきます。
ですからローンなどで購入した場合でも、
それは定期預金よりも利回りの高い資産運用となり、将来の資産形成にはもってこいの投資である事から、注目されているのです。

マンション投資入門講座トップにGO

経済教育の必要性

若い世代や子供たちに未来の日本を語らせると、何も期待していない、期待できないという回答が返ってくるそうです。

一生懸命に働いても、それが自分に還元されず、高齢者への社会保障に充てられてしまうのではないか。
今の日本が抱えている借金を自分たちの世代が支払わなければならないのではないか。
こういった将来への不安を、子供たちまでもが口にするという時代は、決して明るい時代とは言えません。

報道機関や大人たちが口にする安易な将来展望を鵜呑みにして、暗い未来しか想像できなくなった子供や若者たちこそ、未来の日本経済の核となるのだということを指し示すことがいま、求められているのです。

経済とは何か、お金とは何かは、学校教育のなかでは受験向けの型にはまった記憶型教育でしか教えません。
しかし、国家経済も個人の財務も、一生つき合って行かなければならないものであって、それを具体的に知らないで社会に出て行くことは、憂うべきことなのです。

インターネットの株取引が日常化されるなか、証券会社は次世代の顧客獲得と、株式投資の啓蒙を併行させるために、義務教育機関へ出張の経済教室を試みました。

また、中学校や高校でも、株式投資シミュレーションのコンテストなどを行ない、知識を身につけさせ、競い合わせるといった試みも続いています。

経済とは何か、お金とどうやってつき合って行くのかを知ることは、自分たちが生きていくために非常に重要なことであり、また目的を明確にする手段にもなります。

学校教育の一環として、こうした試みが必須科目になり、子供や若者たちが自分たちの未来を新たな視点で見ることができるようにすることが必要な時代であると考えられます。

投資教育が、少しずつ浸透していく中、不動産(マンション)投資について取り組んでいるところはないように思えます。

投資にもいろんな種類がありますし、株だけでなく子供の時からあらゆる資産運用や投資の知識を身に着けさせることは大事なのではないでしょうか?

マンション投資を学ぶならTOPぺージへ