サラリーマンと公務員がマンション投資で節税を考えるのはなぜ?

低金利と年金不安がつづくなか、サラリーマンの方たちのなかには将来に不安を感じている方も少なくありません。
少しでも資産をまもるために節税を考える方もいると思いますが、サラリーマンができる節税は限られています。

 特別な資産贈与などを受けないかぎり、サラリーマンで税金というと通常は所得税と住民税です。
このうち住民税は所得税から算出されるため、節税というと実質上、所得税をどうにかするしかありません。

これが個人事業をされている方なら、必要経費を増やすことで所得税を抑えることができます。それがサラリーマンとなると、仕事で必要となる経費は会社が支払うため、個人の必要経費の計上は認められていません。靴代やスーツ代を経費として計上できればいいのですが、これは認められていません。

 サラリーマンが有効な節税となると、控除を利用して確定申告するしかありませんが、医療控除や住宅ローン控除など、利用できる控除の数は多くはありません。

そこで注目されているのが副収入となる不労所得の投資です。なかでも給与所得と損益通算ができる不動産投資は魅力でしょう。

 不動産投資の特徴はマンションやアパートといった賃貸経営事業とみなされ、その必要経費が計上できる点です。総益通算で不動産投資で赤字となった分は給与所得を減額できるため、税金も安くなり、確定申告で還付されます。

 もっとも、不動産投資分は赤字になるわけですから、喜んでばかりもいられません。あまり赤字状態がつづくと投資は失敗し、資産をかえって削っていくことになります。

つまり基本的には不動産投資は節税のために行うものではなく、副収入を得るために行うものなのです。

 ときおり「節税のためにマンション投資をはじめてみませんか」といった広告を見かけることがありますが、それだけを目的にされて投資されるのは危険です。

投資はあくまで投資によるメリットが優先で、節税効果はそのポーナスと考えて検討されることをお薦めします。

長引く不況や円高のために、たとえ大企業に就職してもけして安定した将来が得られるものではなくなりました。
いつ倒産やリストラの憂き目に遭うかわかりません。こうした状況下では安定した公務員を希望する若者が増えるのも、当然のことと思えます。

 誤解されている方もいるようですが、公務員も給与から所得税や住民税が天引きされているサラリーマンです。
このため節税はほとんどできないのが実情です。

そのうえ公務員の場合は副業が法律上で禁止されています。
一般のサラリーマンの場合は副業を認めていない企業も少なくありませんが、これは法律上で禁止されているわけではありません。
ただ、公務員でも個人的な資産運用は認められているようで、マンションに投資を行っている方はたくさんいます。

 不動産より得られる所得は給与と損益通算ができるので、赤字になった場合は給与の課税所得分が減額されて節税と同様の効果があります。
公務員は安定職だといわれていますが、給与が景気の影響を受けることはサラリーマンと変わりません。
ただ、倒産もリストラもない、その高い安定性から金融機関からの融資では優遇される傾向にあります。このためマンションを購入するには有利で、マンション投資は公務員には適した投資法なのです。

 所得税への大幅な節税効果はマンションを購入した当初の経費によるもので、恒久性はありませんが、その後のマンション経営が順調に進めば、安定した不労所得が得られるうえに、経営のための経費も計上できるので、継続した節税への利用は可能です。

トップページへ

サラリーマンでも節税できる。

マンション投資なんて、サラリーマンに縁が無いなんて思ってはいませんか。

ところが、サラリーマンにこそ、不動産投資はもってこいの投資なのです。しかも、サラリーマンは、退職後は年金だけで生活をしていくわけですから、少しでも自己防衛をするためには不動産投資は、大きな保証にもなるのです。

厚生年金、国民年金、共済年金などは、政府が一元化するとかしないとか言っていますが、これらがきちんと整備されるまでにどれほどの年月がかかるか、まったく将来は不透明です。
また、整備されたとしても、今の国の財政で将来予測と鑑みた時、本当に年金がもらえるのかどうか、だれにも分かりません。
いえ、きっともらえないと考えた方がよいと言えるかもしれません。

となると、やはり、自分の力で将来安心した生活を守らねばなりませんから、サラリーマンとしては、ワンルームマンションをはじめとする、不動産投資に着目することは賢い選択となるはずです。

サラリーマンは、多いか少ないかは別として、一定の収入があります。
この一定の収入を活かして、ローンを組めば初期投資の自己資金も少なくて済み、ラクに始めることができるのです。
購入したマンションは、不動産会社が安全に運営してくれますから、自分は何もしなくても、自動的に副収入を得ることができます。
それでも万が一の場合は、自分で使用することも可能です。

言い換えてみればサラリーマンのためにある投資のスタイルだとも言えますから、視点を変えて考えてみてはいかがでしょうか。

また、 サラリーマンでもマンション投資をすると、確定申告でさまざまな経費を申告するため、節税対策をすることができます。。

確定申告と聞くと難しいそうな気がするかもしれませんが、どうしても自分でよく分からなかったら税務署に行けば、記入の仕方も教えてくれます。
サラリーマンの人は、源泉徴収や住民税特別徴収で、有無をいわせずに税金を天引きされてしまいますが、マンション経営を行なっていると、確定申告で経費が認められるため、たいへんお得な節税対策になるのです。

もちろん、認められるのは正しい経費ですから、単に遊び歩いた遊興費や贅沢なブランドもの、個人で楽しんだゴルフの費用などは経費になりません。
ただし、それらが、何らかの理由で、本当にマンション経営に必要だと考えられる費用であったのなら、確定申告で経費として申告することは可能です。

不動産投資には、このほかいろいろな経費が考えられます。大抵は、不動産投資会社が管理運営を行なっていますので、こうした経費については、不動産会社が一括で管理していることが多いようです。

それでも確定申告は重要な義務ですから、自分自身の出費の中で、賃貸経営に関わる経費がなかったか、また、もしあるとしたら、その都度領収書をはじめとする、経費の証拠となる書類を保管しておくことが大切です。

ついつい面倒で管理を怠ってしまいがちな領収書です。紛失することも多いでしょう。けれど不動産投資は経営でもあるのですから、経営者として、自分自身の相無担当重役として、こうした書類を整理保管し、経理を潤滑にしなければなりません。

そしてきちんと確定申告をして、納めるべき税金と、正しい節税をして、国民の義務を果たしましょう。

マンション投資

節税

マンション投資は節税対策になるといわれています。
確かにマンション投資は節税対策になります。
一般的に不動産投資での節税といっても所得税、住民税の節税、
相続税の節税、固定資産税など様々なものがあります。
その中でも取り組む方が言われる節税対策で一番多いのは、
所得税、住民税の節税で損益通算を使い税金還付を受けたいと思って
興味を持つ方が多いような気がします。

マンション投資で節税になるということは、儲かっていないからだという方も
いらっしゃいますが、実際の支出がない減価償却費や利息などが経費として認められるのが
マンション投資の大きな特徴で、たとえキャッシュフローがプラスであっても
不動産所得よりも経費が上回れば、損益通算を使って帳簿上で赤字にすることが可能になります。
そうすれば、確定申告時に源泉徴収分から差引かれた税金が戻ってくることがあります。
つまり、所得税の還付を受けたり、住民税の軽減になるケースが出てくるのです。

他の資産運用で考えていただければわかると思うのですが、株式投資を勉強する為に
セミナーに行ったり、書籍で勉強をした費用を経費にすることは難しいですが、
物件を購入する為に見に行く交通費やセミナーや書籍代は不動産投資であれば経費に
できることもあります。
そういったところも他の資産運用とは違いますね。

マンション投資