マンション投資における管理会社の関係

マンション投資を行なうときに重要なことが管理会社の選び方です。

不動産投資は短期間の収益で大きな儲けを出すことが目的ではありません。
一時的な収益だけでなく長い期間にわたってインカムゲインという安定的な収入を生み出してもらうことが大切です。
ですから、長期間の維持や保全、管理が重要になってきますので、管理会社の存在がとても大きいのです。

建物の寿命は管理によっても大きく左右されます。
ですから、この点をおろそかにしてはいけません。

マンション経営を始める時に、不動産会社やコンサルタントと相談をすることになると思いますが、
おそらくその際に、管理会社についても、いろいろな課題を話し合うことになるでしょう。

相談をする会社やコンサルタントは実績があり、信頼できる会社なら、管理会社についても推薦してくれるでしょう。

もちろん、自分でもどのような管理会社なのかをよくたしかめて契約をすることが必要ですが、
始める時に相談した会社は、自らも長期間の収益を見込まなければなりませんので、信頼できる管理会社を推薦するか、
もしくは自社グループの管理会社を担当契約させることが多いようです。
本当に管理を任せていいものかどうかは自分自身で判断するようにしましょう。

ワンルームマンション経営は、投資を始めてすぐに驚くほどの高利益をもたらすものではありません。
けれど、じっくりと構えて、大切な資産を維持していくことで、長い目で見た大きな資産形成となるのです。

不動産に投資をするときは、物件選びも重要ですが、管理会社が果たしてくれる役割の大きさをよく考えましょう。
物件選びも重要ですが、その後、任せる管理会社も不動産を購入する際には、決めておく方がよいでしょう。

そして、管理会社としっかりとした信頼関係を結び、少しでも不安なことや心配なことがあったら、すぐに相談しましょう。

マンション投資

マンション投資の物件チェック

 マンション投資を行う場合、そのマンションの間取りや立地が重要な判断基準となります。
たとえば大学のそばにあるワンルームタイプのマンションであれば、学生が入りやすいようにも思えますが、
実際は学生が気にするのは大学との距離よりもアルバイト先との関係です。

多少、大学から遠くなっても、周囲にアルバイト先となりそうな施設が多い地域を好みます。
都市部から離れた大学の周辺部ではなおさらです。

また、こうした地域では新入生が入ってくる4月は入居率が上がりますが、
この時期を逃すと入居率が大きく下がるという問題もあります。

 たとえば最寄駅に近い物件でも、商業施設が駅を挟んだ反対側にあるというのでは問題です。入居者の気持ちになって物件を確かめてみることをお薦めします。

 周辺環境以外にもチェック項目はいくつもあります。
たとえば防犯設備

オートロックシステムがついているかどうか

防音対策が講じられているかどうか

中古マンションの場合は、給湯器やエアコンがあまり古いと、新しいものに取り換える必要があり、その場合の取り換えコストも考慮しなければなりません。

 和室がある物件の場合は、畳の状態が悪ければ張り替える必要があります。

フローリングやカーペットの状態ももちろんチェックします。

キッチンは使いやすいか、バスやトイレは清潔か、洗濯機置き場はあるか。

ファミリータイプの場合はバリアフリーになっているかどうかも確認しておきましょう。

 マンションの管理状態も必ずチェックします。

管理人は常駐しているか、駐車場や自転車置き場は整備されているか。

共用スペースの清掃状態などもチェックします。

 これらのチェック項目は、そのひとつひとつが入居の効率に関わってくるので、

よほど信頼のおける不動産業者の場合は別でしょうが、ふつうは自分の目で確かめておくことをお薦めします。

 また、地方の物件にマンション投資を行う場合は、地元の不動産業者に委託するサブリースが一般的ですが、
契約する前に一度は実際に現地に足を運び、物件を確かめてから契約するようにしてください。

マンション投資トップ

ワンルームマンション経営の投資エリアを考える。

ワンルームマンション投資するエリアを考える。

    投資エリア

     ・将来的な賃貸重要を考えると山手線圏内もしくは周辺がベスト。 

     ・他エリアでは横浜市中心部か川崎市の一部。

     ・首都圏以外のエリアで考えた場合、一部を地域を除き大阪は
      大都市であるのにワンルームの稼働率、賃料とも低く不適格か?

     ・都内人気路線の便利な駅付近ならなおベスト。

     ・鉄道の乗降客の増加している駅付近。 

     ・上記以外も一般的には有名ではないが、実は隠れたニーズのある町ならOK

       (例えば)勤務地まで電車で30分以内で乗り換えなく一本で行けて 
          、賃料相場が手頃なエリアの駅周辺。
    

      物件を見に行く際の要注意事項

      ・投資エリアの周辺に嫌悪施設がないかどうか?

      ・周辺工場などあれば臭気等も要確認事項となる。

     ・エリアによって昼間見たときの印象と夜行ったときの印象が違うエリアもあるので要注意。

      ・平日と休日で多くく印象の違うエリアもあるのでその辺りも確認すると良い。

マンション投資入門講座