マンション投資火災・地震リスク

投資用マンションの火災・地震リスク
    ワンルームマンション経営のリスクの一つに火災や地震による物件が燃えてしまったり、
    壊れてしまうリスクがあります。
     ・まずは火災のリスクに対しては耐火性の高い構造の物件を購入する。
      そして地震に対しては耐震性の高い構造で年代の物件を購入する。
     ・火災保険・地震保険に加入することでリスクヘッジする。
     (建物の不備により他人に損害をあたえてしまうリスクに備えて発生する事故や漏水等への対策として、
     「施設賠償保険」を使うと良い。(保険料1円程度/1日)) 

     ・火災
       エントランスなど共用部分は管理組合が保険加入し(保険料は管理費込がほとんど)
       専有部分はオーナーが火災保険加入する。(補償金額上限あり)
         専有部分のリフォーム費用ぐらいなら何とかなるケースもあり。

     ・地震
       地震保険は火災保険の付帯契約で単独では加入できない。
       (補償金額上限:火災保険の50%)

       物件を購入する際には、耐震性を考えれば1981年6月以降に確認申請を取得した物件を
       選ぶことが大事。(新耐震基準)
       新耐震法に基づいて建てられた物件は阪神淡路大震災の事例からしても
       倒壊可能性は低い。
            1981年6月以降から計画されたマンション
          <阪神大震災時の大破・中破比率>
            旧耐震の設計法物件(~S45)   59/366 13.3%
            移行期物件(S46~55) 91/1811 4.9%
            新耐震物件(S56~) 51/3084 1.6%

マンション投資入門講座

マンション経営 火災リスク 

火災 リスクとは   マンション投資 火災リスク 

所有している不動産物件がが焼失してしまうということも、不動産投資ならではのリスクです。

不動産投資をして物件を買って賃貸経営を始めたとしてもその物件が燃えてしまえば得られるはずのインカムゲインを得られなくなる可能性があります。

その火災のリスクを回避する方法を解説します。

まず最初に考えられるのは火災保険に入ることです。

一般的にローンを組むときは火災保険が加入条件になっていることが多いです。

しかし、地震による火災はカバーされない為、火災リスクを考慮した場合、地震保険にも入った方がいいでしょう。

地震保険はなかなか高額であり補償額も少ないのですが、万一のこと
も考え検討することも必要です。

あと燃えにくい構造の建物を選択することも火災のリスク回避には大事なポイントです。

木造よりは鉄筋コンクリートの方が構造上燃えにくいため、RC構造の物件に投資するのも
火災リスクを回避するには非常に効果的です。

マンション投資入門講座