滞納保証を検討しては?

マンション投資で不安を覚えるのは、入居者の家賃の滞納です。万が一、家賃を滞納されてしまったら、返済しなくてはいけない月々のローンをどうやって返していけばいいのか?
そんな不安は必ず起こるものです。

しかし、心配は無用です。最近ではマンション経営を行なう際に、保証会社や不動産会社がこれらの問題を無くすために、保証をつけてくれるようになりました。
また、家賃を滞納している入居者への督促、集金などを代行してくれる管理会社もあります。

賃貸経営は、家賃収入が収益ですから、家賃を滞納されることは、本当に不安です。
この解消のために、不動産投資をする人を対象とした保証会社がいくつもあります。

クレジットカード会社と提携して、まず入居者が入居申し込み時に厳しい審査を行ない、その審査を通っても、
家賃をクレジットカード会社を通じて毎月支払うというスタイルにするので、マンション投資などをするひとにとっては安心なのです。

クレジットカード会社は、マンション投資をする人にとっては、ある意味で保険のような位置づけになります。
必ず毎月クレジットカード会社から家賃分がマンション投資をしている人に入るからです。

入居者で、家賃を滞納してしまった人がいたら、クレジットカード会社が代わりにその契約者に対して督促を行ないますから、
賃貸経営をしている、部屋のオーナーが直接、入居者と接触することもなく、気まずい思いをすることもないというわけです。

他にも家賃の滞納問題については、昨今さまざまな回避制度が生まれていますので、自分でもよく調べてみましょう。

マンション投資

マンション投資の滞納リスク

マンション投資の滞納リスク
ワンルームマンション経営のリスクの一つに滞納があります。
このリスクは放置すれば、大変な痛手を負います。
上手くこのリスクを回避する方法を学びましょう。
     
・滞納リスク  滞納トラブルについては、良質な賃貸管理会社であれば様々な対応をして
        発生しないための企業努力をしている。
       たとえば「入居者が家賃を遅れた場合、必ず遅延損害金をとる」
        「入居者の親御さんを保証人にするか、無理なら保証会社を立ててもらう」
        「滞納回避の為には早期解決が望ましいく1箇月以内に決着させる」
        「滞納の常習者は解約する方向に持っていく」
       また、新しい入居者が契約する際にはに独自の審査で
        トラブルの事前回避に努めている。
        ・なるべく法的な処理をしないように心がけ、もし、法的処理が必要になった場合は
         弁護士など専門家に任せる。

    一つの回避策として空室リスクと共通であるが借入しないのも、
     リスクを大きくしない方法で万が一空室、滞納の際、大きな傷にはならない。

    滞納リスクを回避する有効な方法で滞納保証があるが、
    滞納保証会社の倒産リスクを考慮しなくてはならない。

   ・過去に大手でも、リプラス(東証マザーズ上場)などが破綻し、
      家賃が振り込まれなかった事例がある。
  賃貸住宅の滞納家賃保証システムを手掛ける会社で、家賃保証会社(滞納保証会社)としては当時最大手の
    「リプラス」が、平成20年9月24日に負債総額は約325億円で破産。
    大家さんは特に大きなダメージを受けてた大家さんも多かった。
    (その後、賃貸保証事業は、株式会社デジタルチェックに譲渡され、保証債務が引き継がれた)
    その後、平成21年6月に、家賃保証会社(滞納保証会社)「㈱リアルコ」が倒産した。

    
    ・回避策としては毎月入金日に賃料振込を必ずチェック。1日でも遅れることがあったら、
     要注意。調べる必要あり。
    
     

注意事項として
     多くの賃貸管理会社は入居者の属性や連絡先のデータをオーナーに伝え
     ない。個人情報という言い方はあっても必ず契約書の写し等はもらって
     おく。(入居者情報がないと、賃貸管理会社倒産時などに対応がとれなく
     なる可能性があるので入居者情報を頂いておいた方が良い。
     また、翌月分賃料も元の会社口座に振り込まれる可能性があるので
     注意が必要である。)

マンション投資

マンション経営 滞納

マンション投資 不動産投資 マンション経営 用語集

滞納とは

収める義務があるものを期日までに納めないことを指す。

不動産賃貸に置き換えると、毎月の家賃を期日までに納めないことを家賃滞納と言います。

マンション投資においてのリスクの一つです。
マンション投資 滞納リスク

マンション投資入門講座