滞納保証を検討しては?

マンション投資で不安を覚えるのは、入居者の家賃の滞納です。万が一、家賃を滞納されてしまったら、返済しなくてはいけない月々のローンをどうやって返していけばいいのか?
そんな不安は必ず起こるものです。

しかし、心配は無用です。最近ではマンション経営を行なう際に、保証会社や不動産会社がこれらの問題を無くすために、保証をつけてくれるようになりました。
また、家賃を滞納している入居者への督促、集金などを代行してくれる管理会社もあります。

賃貸経営は、家賃収入が収益ですから、家賃を滞納されることは、本当に不安です。
この解消のために、不動産投資をする人を対象とした保証会社がいくつもあります。

クレジットカード会社と提携して、まず入居者が入居申し込み時に厳しい審査を行ない、その審査を通っても、
家賃をクレジットカード会社を通じて毎月支払うというスタイルにするので、マンション投資などをするひとにとっては安心なのです。

クレジットカード会社は、マンション投資をする人にとっては、ある意味で保険のような位置づけになります。
必ず毎月クレジットカード会社から家賃分がマンション投資をしている人に入るからです。

入居者で、家賃を滞納してしまった人がいたら、クレジットカード会社が代わりにその契約者に対して督促を行ないますから、
賃貸経営をしている、部屋のオーナーが直接、入居者と接触することもなく、気まずい思いをすることもないというわけです。

他にも家賃の滞納問題については、昨今さまざまな回避制度が生まれていますので、自分でもよく調べてみましょう。

マンション投資

管理委託

マンション投資における管理委託とは
不動産の賃貸管理を管理業者に委託する方法です。
まず、管理委託契約を締結しまし、貸したい方の代理人
として、一切の管理業務を管理業者に任せる方式です。
毎月一定の管理料を支払う必要が
ありますが、
賃貸管理をすれば、
☆物件の清掃
☆入居者審査
☆契約金振込
☆入居者募集
☆契約代行
☆家賃管理
☆更新手続き
☆敷金清算
☆明細書作成送付
☆クレーム処理
☆解約手続き
☆現状回復工事
      など
代行してもらえます。一借り上げとは異なり、入ってくる賃料は入居者が支払った分です。
空室リスクはオーナーが持つ形になります。

投資用マンションローンを長期支払っていくのは難しい?

投資用マンションローンを長期支払っていくのは難しい?

マンション投資 不動産投資 長期ローン
自己資金を少なくして35年などの長期の投資用マンションローンでワンルームマンションを購入する人が増えてきております。
そうしますと月々のキャッシュフローが少なく長い期間返済を続けることになります。
そこに不安を持つ方も多いでしょう。

しかし、家賃収入や節税を繰り上げ返済に回し、早い段階でローンを返済すれば大丈夫です。
マンション経営を行っている殆どの方が、ある程度のまとまったお金(年間50万~100万円)ができると繰り上げ返済にて元本を減らしています。
定年までに無借金にし、定年後は家賃収入で安定した収入を得ることを目指しましょう。