マンション投資で失敗しないことと成功の秘訣

マンション投資をする際に、失敗しない成功の秘訣を知りたいとは思いませんか。
賃貸経営で失敗しないで成功するために計画というのもが重要です。
計画といってもいろいろな種類があります。
まず、購入時の長期的な計画です。

その不動産投資の長期的な計画は、物件を購入するときに、専門家の意見を聞いて、きちんと立てておくということが重要なのです。

言い換えれば、絶対に失敗しない物件を探すというよりも、失敗しない計画を立てて投資用マンションを購入すると考えるべきでしょう。
そのために、専門家の知識や意見が大きなポイントになって来るのです。

例えば、収支計画はもちろんですが、経年劣化に備えた修繕費用、不測の自体に備えた準備資金。また、投資用マンションを増やすことも視野に置いて、賃貸収益などを次の投資資金としてストックするなども、不動産投資顧問のコンサルタントたちから教えてもらうとよいのです。

どんなに不動産投資を勉強しても、自分の独学だけでは限界があります。
とくに現在進行形で世界経済が劇的変化を遂げている昨今、狭い視野の計画では、いくら失敗しないように努力しても、将来を読むことは困難だといえるでしょう。

せっかく投資用マンションを購入して不動産投資を始めるのであれば、スペシャリストの知識や意見を取り入れて、失敗しない長期展望の計画を立てるほうが賢いと言えます。

まずは、不動産投資とはどういったことなのか、自分の人生計画に見合った投資用マンションとはどういったものなのか、失敗しない計画にはどのような種類があるのかなどを、
不動産投資に詳しいコンサルタントなどに相談してみるとよいのではないでしょうか。

そして、もう一つは、無理のない計画です。

マンション経営の成功の秘訣とは、当たり前のようですが、無理のない計画を立てるということです。

無理のない計画とは何かというと、不動産投資を行なう人が、始める時点での収入、不動産投資用マンションの客観的な価値と将来性の分析、国や世界の経済状態の予測などを総合的に判断した計画です。

収益不動産を購入するときに投資ローンを組みます。このとき借りることができる限度額いっぱいを借りて不動産投資を行なうという方法も決して間違ってはいません。
けれど万が一の事態も念頭に置いて、多少ゆとりを残しておくことが重要なのです。

マンション投資の成功の秘訣は、投資ローンを借りることができたから収益マンションを購入するのではなく、賃貸経営という事業経営者の視点で経営計画を立て、その事業を進めるために投資ローンを組むと考えるべきなのです。

マンション投資の成功の秘訣ともいえる、こうした総合的な知識や情報に基づく計画は、なかなか素人には難しい面があります。

日頃利用している銀行などの金融機関にも不動産関係の専門窓口が設置されている場合もありますが、不動産投資に特化した企業やコンサルタント事務所などに話を聞きに行くと、疑問に思ことが解決されるでしょう。

何事にも絶対という秘訣を探すことは難しいですが、失敗のリスクを極力減らすことは可能です。ぜひ専門家の話に耳を傾けて、上手で安全な不動産投資を行なってください。

マンション 投資トップに戻る

甘い勧誘

マンション投資勧誘の注意点「高利回り」

 これからマンション投資を行おうかと考えている方を、甘い勧誘で誘う文言がネット上にも多く見られます。

ある程度の不動産の知識があれば、それが甘い見通しによるアナウンスであることを見破ることは可能ですが、初心者の方のなかには惑わされてしまう方も少なくないものと思われます。

とくに注意しなければならない文言に、不動産投資のメリットとしてあげられることが多い「高利回り」があります。

 マンション投資の高利回りを実現するためには、高い入居率を前提としなければなりません。
とくに地方物件の場合は要注意です。

地方物件は都心に比べて安い物件が多く、中古マンションともなると手ごろな価格で購入できます。

ところが地方のマンションは供給過剰の傾向にあり、入居率を95%以上にするというのは、かなり難しいのが現状です。

 どんなに安い物件でも入居者がいなければ収入が得られないので利益が確保できません。

そればかりか、維持費や税金の面でかえってマイナスに陥り、損を承知で手放さざるをえないことも少なくないのです。

 そもそも不動産投資は「投資」という言葉がつけられている点から、すでに人をまどわしているようにも思えます。

マンションを購入してそれを貸し出し、そこから収入を得ることを前提としている以上、それはたとえワンルームといえども、投資というよりもマンションの経営者になることを意味します。

初心者の方はそれを肝に銘じることをお薦めします。

 また、とくにマンション投資は初めてで資金に余裕のある方は、高額にはなりますが入居率が見込める都心部の単身者用区分所有物件からはじめられることをお薦めします。

マンション投資入門講座TOPページへ

国際経済の先行きの不透明感から考える。

欧州経済危機、アラブの改革、アジア経済の不安など背景にした国際経済の先行きの不透明感。

円高やそれによる貿易収支の大きな赤字。

また我が国における年金や健康保険などの社会保障問題。

こうした数々の問題が大きくクローズアップされ、もはや経済は人ごとではすまない時代となっています。

現実的に老後はどうなるのか、みな不安で仕方がありません。

自分で一生懸命貯金してもインフレやデフレなど経済状態によって価値が変わってしまう恐れもあります。こうした時代に強いのが不動産投資です。

自宅として使用する不動産を購入するのではなく賃貸物件として区分所有物件を購入するのがマンション投資です。

また将来的に価格が上がると予想される区分所有物件を購入しておき、価格が上がったところで売却するというマンション投資のスタイルもあります。

意外に周知されていませんが、マンション経営は一部の資産家だけが行う資産運用ではありません。年収400万円のサラリーマンであったとしても、本気でやろうとすればできるのがマンション経営です。

最初の物件を手に入れる頭金は必要ですが、ワンルームで700万円クラスの物件を手に入れ、そのローンの半分近くを支払い終えたら、別の物件を購入し、併行してローンを支払います。

もちろん購入した物件は賃貸で収入源となりますから、ローンの支払いも負担が減ります。

20代後半から始めてこれを繰り返して行くと、50代には少なくても3つ、上手く行けば5つの物件を所有することができ、サラリーマンを続ける必要がなくなります。

そして物件は資産としても残ります。このように不動産投資が、実は身近な資産運用であることをあらためて見直し、上手に活用することが、現代の賢い生き方と言えるのです。

トップページに戻る