不動産投資と不労所得

日本では一時期、自分で稼ぐのではなく、お金にお金を稼がせるという言い方が流行りました。
働かないでも収入があるというのは、誰にとっても魅力的な話ですが、これは簡単に言えば不労所得のことです。

例えば、預貯金や国債、株式投資や外為投資、また不動産投資などがこれにあたります。

預貯金は、金融機関の長く続く低金利から考えると、利益を出すには相当な元金が必要となるでしょう。

株式投資や外為投資は、一攫千金が狙える魅力も少なくはないですが、反面、短期間に大きな損失を出すというリスクも生じます。

不動産投資は、購入した物件を購入金額よりも高い金額で売って利益を得る方法と、物件を賃貸運営してその賃料で利益を得る方法があります。

どちらの方法でも、手元には必ず不動産という形に残る物件があるわけですから、株式投資や外為投資に比べると安心感が高い方法だと言えるでしょう。

この方法で得る不労所得なら、中長期的な計画も立てやすく、またリスクが低くて済むことから中低所得のサラリーマンにも手が出せる投資だと考えられています。

コツコツと積み立てる預貯金で、自分の老後の生活を維持することが難しい時代にあって、こうした所得の道をつくっておくことは自己防衛手段として大変重要であり、将来は不可欠になると予測されています。

贅沢な暮らしや豊かな暮らしという夢も同時に叶えられる資産運用で、安全で安心な未来を設計してみてはいかがでしょうか。

サイトトップ

老後の生活資金は公的年金だけで十分?

保険見直し・保険相談生命保険の総合保険比較サイトの「保険市場」の調べたアンケートによると
将来の資金について9割以上の人が老後の生活資金に不安を感じているという結果になった。

「老後の生活資金は公的年金だけで十分だと思いますか」という質問で男女共に97%以上の方々が、
十分ではないと回答した。
上記の結果を考えてやはり、そうなるとどうしても自分自身で将来に備えていく必要がある。

個人年金は、貯蓄タイプと保険タイプの二つに分類できます。
現在支給されている厚生年金はサラリーマンで約月23万円、国民年金は月約13万円しかありません。

また、65歳で定年を迎えたとしても、男性で15年、女性で20年以上の平均余命があります。
定年後の安定的な収入を得るための一つにマンション投資を考えてみるのも必要かもしれません。

老後、公的年金だけでは不足する分を補うために、安定した不労収入をつくる為にマンション投資に取り組み、

自助努力で私的年金を得ることを私は、お勧めします。

マンション投資は近年、関心が高まっています。
しかし、ここ数年低金利で推移しており、以前に比べ同じ物件が少ないローンの支払いで
持つことが可能です。

最近ののマンションは、リーマンショック前ののマンションに比べ、 立地環境がよく周辺環境も優れている物件など、
掘り出し物の物件もある事が珍しくありません。

マンションに投資することで、毎月安定した家賃収入を得る事ができ、

個人年金の代わりとして運用したり、効率的な資産作りの手段として考えることが出来ます。

23区内の主要駅の近くなどの条件を満たしている場合は、都心へのアクセスの良さもあり、

将来的にも安定的な賃貸需要も見込まれ、安定した収入を得る可能性が大きくなります。

特に駅からの徒歩時間が10分圏内の物件は人気があり、資産価値が下がりにくい事で
人気があります。

老後の私的年金確保につながる公的年金の不安が叫ばれる中、マンション投資をすることにより

家賃収入が公的年金の不足分を補い私的年金としての役割を果たしてくれます。

マンション投資入門講座

マンション経営 将来のライフプラン

マンション投資・マンション経営で将来のライフプラン

将来の生活設計を考える

公的制度 低い信頼感
生活の安心を支えるために必要な年金や医療、介護などの社会保障制度への不安は依然として根強い。
日経新聞の調べによると、社会保障制度の将来について「不安を感じる」と答えた人が過半数に達した。特に年金制度に対する不安がトップとなった。
老後の生活に不安を感じている人の割合は全体の4分の3に達し、「全く不安を感じていない」はわずか3%にとどまった。

<日経新聞2011年1月9日 記事 ※この記事の著作権は配信元に帰属します>

上の記事を読んでもわかるように
日本の年金制度に不安を抱く人は大変多い。

しかし、老後の生活に不安を抱き退職金で資産運用をして失敗する人たちも続出している。
以前のように地方の空室リスクの高くボリュームの大きい一棟もの不動産に投資するのではなく、
公的年金代わりのリターンは少ないが大きくは失敗しずらい空室リスクの少ない東京都心部のワンルームマンションに投資を
する人たちが最近では増加傾向である。

日本の年金制度に不安を抱く人は大変多い。