サブリース

マンション投資などの賃貸運営を行なう際、もっとも心配なのはマンションやアパートの部屋に入居者が居ない空室期間ができてしまうことです。

商店でいえば売り物を仕入れて用意してあるのに、誰も買ってくれないでずっと売れ残っている状態になります。仕入れには沢山の費用をかけて買い取ってしまったのに売れないというのは、まったく利益が出ないで、仕入れた商品が無駄になってしまうことになります。

マンションやアパートも空室のまま時間だけが経過すると、生ものの食品が傷んでいくように、築年数が経過してしまいますし、人が入っていない住居は目に見えない痛みで老朽化していきます。

この心配をなくすのがサブリースという考え方です。
サブリースとは、一般的に不動産一括借り上げのことを言います。

投資対象の物件を購入する際からこのサブリースを検討していれば、購入の相談とサブリース契約の条件面での相談が一度にできてしまい、銀行ローンの返済計画やリスクマネジメントについても同時に試算することができます。

サブリースで保証してくれる金額は、概ね家賃相場の80%から90%だと言われていますが、細かな数字は契約の際にお互いの協議によって決めることになります。

賃貸運営で一番頭の痛い空室問題を、投資を始めるときからすべて解決してれるこの考え方は、賃貸運営及び不動産投資の初心者できたらぜひ取り入れたいシステムです。

サブリース会社は中長期の計画の元でこうした契約を行ないますから、自分の資産を守る意味で、また長年のビジネスパートナーを作るつもりで、大いに役立てていきたいものです。

TOPページ

日本の財政赤字とマンション投資

日本の財政赤字とマンション投資は、一見関係なさそうですが、この日本の財政赤字を考えると不動産投資をした方がいいのではないかという思いがあります。

財政赤字とは税収以上に政府の支出が上回った状態で、家計で言う赤字と同じ意味です。

日本の財政問題が大きくなってきたのはバブル経済崩壊を発端としています。
それまで、歳出・税収ともに右肩がりで成長を遂げてきた日本ですが、1990年、バブル経済崩壊とともに税収が下降に転じました。
しかし歳出は増加の一途をたどり、財政赤字が増え続けることになったのです。

さらに同時に推移していたのが少子高齢化社会であり、社会保障費は爆発的に増加する一方、税収の源となる所得者は減少する傾向にあり、これも赤字の大きな要因と見られています。

また2008年、アメリカのサブプライム問題とリーマンショックによって日本の企業や個人消費にも大きな影響が出ました。
2009年には民主党が政権を担うことになりましたが、この時に子供手当、高速道路無料化、高校授業料無償化などの政策が行なわれ、新規国債が52兆円に膨らむという経緯もありました。

2010年には42.3兆円に減少しましたが、2011年、東日本大震災による復興債が発行されたため、この年の新規国債は55.8兆円となりました。

2012年度末の残高は税収17年分にあたる709兆円と見込まれ、この額は過去最高であり、世界最大の財政赤字であると言われています。

しかし、一方では日本は外国債を多く保有していることや、表面に表れていない隠し保有資産があるとも言われ、財政赤字を声高にする財務省は、税金の引き上げを狙っているという見方もあるようです。

このままいけば、日本が悪性のインフレに向かう可能性も否定できません。

それを考えると不動産投資などインフレに強い資産を保有する必要がありそうです。

不動産投資の賢いやり方

不動産投資の賢いやり方とは、自分のビジョンを持つ、ということです。

自分のビジョンとは、身の丈にあった資金を元に、最低でもいくら儲けたい、とか、何年でこのくらいまで増やしたい、最終的に目指すのはどういう暮らしか、などの計画を持つことです。

このビジョンとは、企業経営者が語るビジョンと同じ意味を持っています。
なぜなら、不動産投資は経営にほかならないからです。

漠然とお金を儲けたいと考えている人に、マンション投資や不動産投資は向いていません。

リサーチを行ない、計画を立て、時にはコンサルタントや銀行などのアドバイスを受け、自分なりの準備を整えて臨むことが必要です。

どのような投資も100%の成功率で、絶対に儲かるという話はありません。
何らかの問題やリスクがあり、一長一短であることが当たり前です。

そのリスクを充分に計り、あらゆる対応策を用意して臨むのが投資だということです。

また、時代の流れや政治経済の状態によって、企業経営もスピーディーに方針を変えることが求められますが、不動産投資も同様に、時代の変化を読み取って行なわなければなりません。

例えば、金利の上昇、税制の改定、消費者ニーズのトレンドなど、さまざまな観点から考えて、自分が投資を行なっている不動産の価値を下げない努力をすることが重要です。

投資に失敗すると、それを勧めてくれた相手のせいにする人もいますが、最終的に自己判断で決定するのですから自己責任は当然です。
だからこそ、あらゆるリスクを知っておき、それに備えておくことが大切なのです。

TOP