マンション投資に向いている人

マンション投資に向いている人と、向いていない人がいます。

マンション経営は不動産物件を所有して、その賃料を収入として賃貸経営を行なうのですが、そもそも賃貸経営に向いている人と向いていない人がいるのです。

少ない自己資金でも始めることができるワンルームマンション投資ですが、まず固定の収入があることが条件です。
この点で、金融機関から借り入れを行なうことができるサラリーマンは向いていると言うことができます。

次に、性格的な観点では、他人にマンションという不動産の資産を貸すことを問題視しないことが必要です。
大切な自分の資産を他人に預けて使わせることに抵抗がある人は、向いていません。
神経質、人を信用できない、いつも心配ばかりしている、自分の物を人に触らせたくないといった気質がある人は不向きと言えるでしょう。

一方、神経質であってもメインテナンスや建物の管理、お金の流れや収支に対して細かく考えるタイプの人は大変向いている投資方法です。

空室期間が長く続くことがないように、常に建物や部屋の状況をチェックし、メインテナンスに気を配ることは重要です。

さらに財務管理は最重要課題ですから、例えサラリーマンの副業であってもおろそかにすることなく、収支や経費、利回りの確認を怠ることがないようにしておくこまめさが必要です。

そして、国家経済や世界経済などに対する感覚を常に磨き、数字に対してシビアに考えるタイプの人なら最適だと言えるでしょう。

マンション投資のシミュレーション

サラリーマンの生活のゆとりや定年後の副収入の源として人気が集まっているマンション投資ですが、やはり気になるのはどのくらいの収益が上がるかということではないでしょうか。

多くのサラリーマン投資家が投資物件のマンションを購入する際は銀行ローンを組むでしょうが、この借入金、利率、返済額、繰り上げ返済の見込みや次の投資物件はいつ頃購入が可能か、返済途中で空室期間ができてしまうとしたら、その期間をどのように見積もって、どのような安全策を講じておけばいいのかなど、投資が現実になった時のシミュレーションは大変重要です。

サラリーマンは毎月ほぼ固定の金額を給料として受け取ることができますので、この中でやりくりしていられれば生活に困ることはまずありません。
けれど、毎月赤字になってしまい、それが長期にわたって続くようなことがあると、給料はいきなり増えることは滅多にありませんので家計の予定が大幅にくることになってしまいます。

そういったアクシデントが起こらないように、事前にリスマネジメントをしておくことが重要で、シミュレーションはそのためにも絶対に欠かしてはならないプロセスであると言えるでしょう。

例えば、まずは自己資金がいくら用意できるのか、投資のスタート段階でいくらまで使って大丈夫かは、自分と家族のライフデザインとともに考えなければなりません。
不動産投資を始めるすぐ後に、子供の教育費などまとまった資金が必要なときは、そうした出費分を先に確保しておくことが大切です。

小さな経費も見落とさず、加減の良い予備費を見積りながらシミュレーションするほうがよいでしょう。

マンション投資

マンション投資と政策金利

マンション投資と政策金利は、切っても切り話せない関係にあります。

雰囲気だけではないのかと言われているアベノミクスですが、マーケット全体が活気づいている状況は不動産投資にも良い影響が出ているようです。

2013年4月、世界が注目したG20では日本銀行の黒田総裁により、日銀の新たな量的、質的緩和などの政策を脱デフレ目的であると明記された共同声明も発表もなされました。

円安誘導批判が懸念されていましたが、これは大きな問題にはならず、政策の目的と手法が理解を得て評価されたことは大きな成果であったと言ってもよいでしょう。

このことは、同時に日本のデフレ脱却がG20はじめ世界経済に対する責務であること明確になり、政府はもとより、日本銀行、民間企業がさらに脱デフレに向けた努力を続けなければならないこともたしかです。

金融緩和において政策金利は最重要課題となりますが、すでに不動産投資の分野では先を見越した動きが始まっています。

消費税率が上がることもあり、住宅市場ではかなり活発な動きが出ていますので、投資家たちがこれを見逃すはずはありません。

また、今後景気回復がさらに加速すれば、賃貸料の値上がりも必至になりますので、10年以上の銀行ローンを組んで購入する不動産物件と、そこに入ってくる賃貸料のバランスを考えれば、そろそろ新しい物件をふやすタイミングになってきているのかもしれません。

2%の物価上昇が現実のことになってきたら遅かったという場合も考えられます。
リスク管理も含めて準備を整え、タイミングを逸しないように注視していくことが求められます。

マンション投資入門講座トップページ