金融緩和

金融緩和とは、金融市場で資金の供給が需要と上回り、資金調達を容易にすることを言います。

具体的には、国の中央銀行が行います。
中央銀行は、例えばアメリカではFEDと呼ばれる中央銀行制度、ヨーロッパではESCBという欧州中央銀行と12カ国の中央銀行から構成された銀行制度で、日本では日本銀行がこれにあたります。

中央銀行は景気を刺激するために政策をとりますが、短期金利の誘導目標を引き下げ、市中銀行への資金供給量を増やします。
これによって、中長期金利も低下して、企業や個人への融資が拡大し、株価や為替相場が変動することによって経済の活性化が進むと考えられています。

簡単に言えば、日本銀行が日本銀行券、いわゆるお札を沢山印刷して、市中へ供給することです。

ただし、この供給量を裏付ける担保となる経済成長予測もなく大量に供給すると、いずれ経済破綻を起こすことにもなりかねません。

2012年12月に誕生した、安倍首相率いる新政府では、この金融緩和を大胆に行なうことを表明しています。
この表明は、マーケットを活気づけることになり、株価は1万円台に戻り、円安に傾くなど、好結果をもたらしました。

2013年、年明けも好材料として考えられていますが、今後は他の財政政策との組み合わせや、公共事業に費やす国費が、どのように市中に分配されるかが注目されるところでしょう。

上手に使えばカンフル剤となり、また下手に使うと毒薬にもなるといわれる金融緩和ですが、安倍内閣の手腕が問われることになると思われます。

TOP

マンション投資で分散投資をしよう!

自由が欲しいという言葉を耳にしたことがあると思いますが、この自由とは何についてなのか、深く考えたことがあるでしょうか。

日本には、言論の自由や、宗教の自由、職業選択の自由がありますから、決して不自由を強いられているとは言い難い環境です。

しかし、親の保護下にあるときは親のルールから自由になりたいと思うでしょうし、また学生なら校則から自由になりたいと思うでしょう。
あるいは、会社で上司からノルマについてとやかく言われると、そういった圧力から自由になりたいと思うものです。

この最後の自由は、じつは経済的自由として手に入れれば、時間も自由に使えるようになり、心身ともに解放されてストレスなく過ごすことができます。

その経済的自由を手に入れるには、給料からコツコツと預貯金をするのでは時間がかかり過ぎます。
例えば年1%の利回りの積み立てでも、毎月7万円を30年間続けてようやく3,000万円がたまります。しかし毎月7万円は、社会人1年生にはかなり難しい金額ですから、現実的とは言い難いかもしれません。

そこで、すでに30代、40代になっていたとしても、自分の資産を守るために、リスク回避として分散投資をしておくことが重要です。

毎月、給料の3割をすべて投資に使うとして、2割は預貯金、1割を株式投資、そして5割を不動産投資へ回すということも賢い方法です。

不動産投資には、賃貸マンションなど年5%以上もの利回りのものもあり、途中で余裕がでてきたら、この投資物件を増やしてさらに分散投資をするという方法も考えられます。

こうして得た経済的自由で、人よりも早く自由な精神と時間を手に入れ、人生を楽しんではいかがでしょうか。

マンション投資トップ

不動産投資 相続税

この近年、話題になっているのが「エンディングノート」と呼ばれる、自分が死んだ後に必要なことを書き留めるノートです。

これは、法律的な遺言とも異なり、また、死が近いと思われる高齢者や病気の人だけが利用するものではありません。

例えば、自分の葬儀のスタイルの希望、銀行預金や証券など、資産の項目、また、形見として何を誰に渡すかなど、本人が気になることをすべて書き残すことができ、これによって、残された遺族は、故人の意思を尊重した遺品整理などができるのです。

しかし、遺族にとって気になることは、じつは資産の問題かもしれません。
また、子どもや、継承させたい家族がいる人にとっては、その後の生活も心残りがあって当然のことです。

ある程度の資産を持っているならば、不動産投資を相続税対策に用いるという方法もあります。
不動産の相続税に対する計算は、土地と建物で評価方法が異なります。
土地は毎年発表される「路線価」をもとに計算しますが、この「路線価」は地価に最も近いとされる「公示価格」の約8割と言われています。

一方、建物は「固定資産評価額」を元に計算されます。
この固定資産評価額は建築価格のだいたい6割と言われています。
さらに、アパート、賃貸マンションは借家評価と成るために、借家人の借家権が生じるのでこの分が減額されます。

つまり、アパートや賃貸マンションなどで賃貸収入を得る不動産投資を行なっていると、相続する資産評価が下がるので、節税対策になるというわけです。

知識を上手に使い、家族の将来に備えることは、これからのライフスタイルに必要なことなのかもしれません。

マンション投資 入門講座