老後の資金はいくら必要か?

世界一の長寿の人は、以前はアメリカに住んでいる女性でしたが、2012年12月、この女性が亡くなったことによって、日本の115才の男性が世界一長寿だという認定を受けました。

人生は90年という時代になっていますが、115才という年齢を聞くと驚かずにはいられません。

さて、自分の老後のことはどのように計画をしているでしょうか。
自分だけは年をとらない、と思いたいものですが、そうはいきません。
60才になれば会社も定年退職することになります。退職年齢の引き上げを考えられている企業もあるようですが、せいぜい65才までが限界でしょう。

老後の資金はいくら必要か、考えたことはありますか。
2009年「家計調査報告(家計収支編)」によると、2人以上の世帯で高齢者のいる世帯(世帯主が60才以上)の1か月の家計収支を参考に見てみましょう。

支出が25万円程度で、それに対して赤字が5万円程度になっています。つまり2人の生活費を約30万円として考えなければならないのです。

1年間では360万円。90才までの30年間では1億800万円になります。ここには趣味の費用や、住居のメインテナンス費、レジャー費などは入っていません、また医療費も増えるでしょうし、交際費もかかります。

こうして考えてみると、老後は最低でも1億数千万円の費用を必要とするのです。
この出費は一時に出る物ではありませんので、毎月の年金で赤字を出さない、あるいは副収入の道を得ておいて、不足分を補うという工夫が必要になります。

例えばマンション投資などによって、老後の収入を確保しておくという方法もありますので、なるべく若い年代からこうした計画をたてておくことが重要なのです。

マンション投資入門講座トップページ

サラリーマンが老後資金をつくるための方法

サラリーマンは毎日会社に通っていれば、必ず給料日に給与がもらえると思っている人が多いようです。

確かに会社との雇用契約ですから、毎日きちんと会社に通って仕事すれば、給料はもらえます。
けれど、その会社が永遠にあるかどうか、必ず給料がもらえるかどうか、実は誰も保証してくれないのです。

また、老後の年金はどうでしょうか。2012年には、投資顧問会社による資産運用の失敗から、多数の企業が企業年金を失う結果となる事件も起こりました。

そこでサラリーマンは、自分で老後資金を作っておくことの重要性を誰もが感じたのではないでしょうか。

サラリーマンが老後の資金を作るには、大きく分けて二つの方法があります。
一つは倹約をして預貯金を作ることです。
これは限られた給料から出来るだけ多くの預貯金をするのですから、娯楽や贅沢などはほど遠い倹約生活を送る必要があります。

もう一つは、投資を行なうという方法です。
投資は、株式、外為、不動産などさまざまな種類が考えられますが、最も手堅いと考えられているのはマンション投資です。

マンション投資なら、初期費用が少なくて済み、サラリーマンでも手軽に始めることができます。
賃貸収入をローン返済に充てれば済みますので、生活費を必要以上に切り詰めるといったこともしなくて大丈夫です。

自己資金が小さくて済み、毎月確実に収入が入り、さらに不動産という資産が残るというマンション投資はサラリーマンに向いている投資だと言われているほどです。
これは一度本気で考えてみると良いかもしれません。

トップ

サラリーマンのマンション投資

「不動産投資」や「マンション投資」と聞くと、一部の資産家がする投資のように思う人もいるかもしれません。
けれどこれらは、資産家やお金持ちの人が行なうだけではなく、じつはサラリーマンに大変向いている投資なのです。

サラリーマンは毎月一定の収入があります。この収入を上手にやりくりすれば、毎月生活ができるわけですが、逆から見ればその給与以上の生活を望むことは不可能です。
また、昨今のように日本自体の経済状態が低迷している経営環境においては、たとえ大企業に勤務するサラリーマンであったとしても、一生安泰な生活が保証されているわけではありません。

そこで役に立つのが「マンション投資」なのです。

自分で住むマンションではなく、人に貸したり、もし経済状態が良くなって値が上がれば、売却して差益を利益とすることも可能です。
マンションの購入のために組む銀行ローンもマンションを賃貸運営して入ってくる賃貸料から支払えばよい

のですから、その負担も少なくて済みます。

生活費のやりくりが上手にできて、ボーナスを預金に回しておけば、最初に投資用のマンションを購入してから数年後に、また別の投資用マンションを購入することも可能です。

ただ暮らすための住宅のために、自分の収入に対して目一杯の銀行ローンを組んでも、定年退職までに完済できるかどうかさえ定かではありません。

それならば、住宅のほうは、なるべく贅沢を控えておいて、投資用のマンションを購入して賃貸運営をしておくほうが、老後も安心して生活ができるというものです。
サラリーマンだからできる「マンション投資」を一度本気で考えてみてはいかがでしょうか。

サイトトップ