マンション投資で失敗しないことと成功の秘訣

マンション投資をする際に、失敗しない成功の秘訣を知りたいとは思いませんか。
賃貸経営で失敗しないで成功するために計画というのもが重要です。
計画といってもいろいろな種類があります。
まず、購入時の長期的な計画です。

その不動産投資の長期的な計画は、物件を購入するときに、専門家の意見を聞いて、きちんと立てておくということが重要なのです。

言い換えれば、絶対に失敗しない物件を探すというよりも、失敗しない計画を立てて投資用マンションを購入すると考えるべきでしょう。
そのために、専門家の知識や意見が大きなポイントになって来るのです。

例えば、収支計画はもちろんですが、経年劣化に備えた修繕費用、不測の自体に備えた準備資金。また、投資用マンションを増やすことも視野に置いて、賃貸収益などを次の投資資金としてストックするなども、不動産投資顧問のコンサルタントたちから教えてもらうとよいのです。

どんなに不動産投資を勉強しても、自分の独学だけでは限界があります。
とくに現在進行形で世界経済が劇的変化を遂げている昨今、狭い視野の計画では、いくら失敗しないように努力しても、将来を読むことは困難だといえるでしょう。

せっかく投資用マンションを購入して不動産投資を始めるのであれば、スペシャリストの知識や意見を取り入れて、失敗しない長期展望の計画を立てるほうが賢いと言えます。

まずは、不動産投資とはどういったことなのか、自分の人生計画に見合った投資用マンションとはどういったものなのか、失敗しない計画にはどのような種類があるのかなどを、
不動産投資に詳しいコンサルタントなどに相談してみるとよいのではないでしょうか。

そして、もう一つは、無理のない計画です。

マンション経営の成功の秘訣とは、当たり前のようですが、無理のない計画を立てるということです。

無理のない計画とは何かというと、不動産投資を行なう人が、始める時点での収入、不動産投資用マンションの客観的な価値と将来性の分析、国や世界の経済状態の予測などを総合的に判断した計画です。

収益不動産を購入するときに投資ローンを組みます。このとき借りることができる限度額いっぱいを借りて不動産投資を行なうという方法も決して間違ってはいません。
けれど万が一の事態も念頭に置いて、多少ゆとりを残しておくことが重要なのです。

マンション投資の成功の秘訣は、投資ローンを借りることができたから収益マンションを購入するのではなく、賃貸経営という事業経営者の視点で経営計画を立て、その事業を進めるために投資ローンを組むと考えるべきなのです。

マンション投資の成功の秘訣ともいえる、こうした総合的な知識や情報に基づく計画は、なかなか素人には難しい面があります。

日頃利用している銀行などの金融機関にも不動産関係の専門窓口が設置されている場合もありますが、不動産投資に特化した企業やコンサルタント事務所などに話を聞きに行くと、疑問に思ことが解決されるでしょう。

何事にも絶対という秘訣を探すことは難しいですが、失敗のリスクを極力減らすことは可能です。ぜひ専門家の話に耳を傾けて、上手で安全な不動産投資を行なってください。

マンション 投資トップに戻る

マンション投資は、失敗談あまりきかない?

マンション投資の失敗談というのは、あまり聞いたことがないのはどうしてなのでしょうか。
それは、安全で安心な投資方法だからです。

投資のプロではない、いわゆる素人でも気軽に始めることができる投資です。

株式投資や外為投資などでは、日本はもとより、世界経済、また産業構造や新技術、新サービスなど多くの知識と情報が必要です。
あるいはまた、賭け事に近い度胸や決断、覚悟が必要です。
こういった準備や覚悟がない状態で投資をすることで体験した失敗談をよく聞きます。この失敗談のなかには、一日で数百万円、
数千万円というケタ違いの損失もよく聞かれますから、初心者は簡単に手を出さない方が賢明でしょう。

一方、マンション投資はこれらと異なり、マンションという不動産資産を保有する、という単純なことが収入を得ることにつながります。

ちゃんと勉強したうえで立地の良い場所などへのきちんと物件選びをしたマンション投資で、もし失敗談があるとしたら、もっと早くからはじめれば良かった、とか、
分相応な自宅を購入するくらいならマンション投資をすればよかったという、別の意味の失敗談でしょう。

実行した人よりも、しなかった人の方が断然失敗談が多いのです。不動産という資産が残り、そのうえ、家賃という収益が見込めるのですから、
マンション投資をしないことは人生のムダをしているようなものなのです。

実行しないで他人を羨ましがっているよりも、すぐにでも始めたほうが絶対にお得なマンション投資。ああ、あの時に始めておけばよかった、
という失敗談を残さないためにも、ぜひ今すぐ、始める決断をした方がいい部分もあります。

でも、投資をするには、少しの勇気が、必要です。
投資ですからリスクはあります。
しかし、わずかな可能性のリスクを怖がって不動産物件を購入に踏み込めない人が多いのも確かです。

マンション投資をするにあたって、日本の少子化が不安材料になっていると考える人も少なくないでしょう。
けれど、それはそれほど問題ありません。

少子化はたしかに進んでいますが、住居としてのマンションのニーズは確実にあるのです。ですから少子化の及ぼす影響は、かなり少ないと言って問題ありません。

少子化がどんなに進んでも、現在、存在しているマンションなどの建物も、経年劣化していきます。また東日本大震災から、防災や建物の安全性が、
いっそう叫ばれるようになり、マンションの建て替えや、地域の再開発も積極的に見直されるようになりました。

つまり、古いマンションや築古の木造物件が減るということは、少子化が進んでも、新たな住居が必要となる訳で、マンション需要は、これからもあり続ける可能性が高いのです。

現在、使用されているマンションは、居住している人たちでさえ、震災などの耐久性について頭をいためています。大規模修繕も頻繁に行なわれるようになりました。

とくに一人暮らしをしている人たちは身軽に引っ越しをすることが可能ですから、賃貸しているマンションに特別な思い入れがなければ、新しいマンションに引っ越したいと思っている人が多いのです。

今、大変良いタイミングにあります。
第二次ベビーブーム世代の子どもたちもそろそろ一人暮らしを始める時代に入っていますから、このチャンスを逃すことはとてももったいない話なのです。

見えない幻想におびえるよりも、さっさと始めた人が勝利する、それがマンション投資なのかもしれません。

自分の豊かな暮らしや将来の収入増のためにも、マンション投資は大きな意味を持っていることを見直してみてください。

マンション投資入門トップへ

マンション投資と金融危機

マンション投資以外の資産運用を考えている人は、いま、ヨーロッパで起こっている金融危機問題に頭を悩ませていることでしょう。
この金融危機問題は、いまや、ギリシアやスペインだけに限ったことではなく、ユーロ圏すべてに関わる重大な問題です。

そしてユーロ圏に関わるということは、世界経済全体に関わるということなので、やがてそれは日本にも影響をおよぼすことは明らかなのです。

最も大きな課題は利回りです。
この利回りというのは投資物件のローンにかかってくる利息と、賃貸収入の収益、そのほか管理や運営、また大規模修繕に備える経費などをすべて計算したうえで算出されるものです。

世界経済が金融危機に陥り、日本も悪い状態になれば、どんなに大企業に勤めていても、景気の影響を受けることになります。
それは、給与や賞与、そして退職金や年金にまで、影響が出ることになるのです。

ところが不動産投資をしていると、金融危機状態の国家では、借り入れの利率が低くなっていますから、ローンを組んで支払うのはラクになります。
けれど、住居としてのニーズはあるわけですから、差益の幅が大きくなります。

まして不動産投資は土地建物という資産が残りますので、経済が多少不安定な状態になっても安全で安心なのです。

それでは、不動産投資信託は、景気悪化のときはどうなのでしょう?

不動産投資信託は最初、アメリカでは1960年に誕生しました。
Real Estate Investment Trustの頭文字をとって略してREIT(リート)と呼ばれています。
日本でもこれにならい、日本版の不動産投資信託をJ-REIT(ジェイ・リート)と呼んでいます。
2001年には東京証券取引所に不動産投資信託市場も開設されました。
大阪証券取引所や名古屋証券取引所、また店頭でも市場開設が検討されているようです。

この収益の大半は、保有不動産の家賃といわれています。例えばオフィスビルやマンション投資などで得ている家賃です。
このため、一般の株式投資に比べて大幅な配当増や証券価格の乱高下は少ないと考えられています。また外為FXのような、短時間の高収益は望めません。

しかし、そのかわりに安定性があり、安全な投資がこの不動産投資信託なのです。
マンションなど住居系レジデンスへの投資はその代表的な例ともいえます。

オフィスビルの場合、床面積が大きく、保証金や家賃が高くなるため、その部分だけを見れば収益は大きいように感じられますが、一旦、企業が退室してしまうとその分のリスクも大きくなるわけです。
景気が悪くなるとその影響を受けやすいのもオフィス系の特徴です。

比較的景気悪化に強い住居系レジデンスであっても、J-REITのようなペーパー資産は、景気悪化の際に現物資産に比べ価格変動が大きいのがリスクです。

その点、実物へのマンション投資は一つひとつの部屋の家賃は小さいものの、それらを積み重ねると多大な収益となる一方、
一部屋程度、退室されても収益の減少が少ないため、全体を俯瞰で見れば、安定した投資となるのです。

不動産投資信託のなかでも大きな役割と位置を占める住居系レジデンスですが、これは、個人が投資始めようと思っても、区分所有であれば意外に簡単に始めることが可能です。

マンション投資入門講座トップにもどる