マンション投資の物件チェック

 マンション投資を行う場合、そのマンションの間取りや立地が重要な判断基準となります。
たとえば大学のそばにあるワンルームタイプのマンションであれば、学生が入りやすいようにも思えますが、
実際は学生が気にするのは大学との距離よりもアルバイト先との関係です。

多少、大学から遠くなっても、周囲にアルバイト先となりそうな施設が多い地域を好みます。
都市部から離れた大学の周辺部ではなおさらです。

また、こうした地域では新入生が入ってくる4月は入居率が上がりますが、
この時期を逃すと入居率が大きく下がるという問題もあります。

 たとえば最寄駅に近い物件でも、商業施設が駅を挟んだ反対側にあるというのでは問題です。入居者の気持ちになって物件を確かめてみることをお薦めします。

 周辺環境以外にもチェック項目はいくつもあります。
たとえば防犯設備

オートロックシステムがついているかどうか

防音対策が講じられているかどうか

中古マンションの場合は、給湯器やエアコンがあまり古いと、新しいものに取り換える必要があり、その場合の取り換えコストも考慮しなければなりません。

 和室がある物件の場合は、畳の状態が悪ければ張り替える必要があります。

フローリングやカーペットの状態ももちろんチェックします。

キッチンは使いやすいか、バスやトイレは清潔か、洗濯機置き場はあるか。

ファミリータイプの場合はバリアフリーになっているかどうかも確認しておきましょう。

 マンションの管理状態も必ずチェックします。

管理人は常駐しているか、駐車場や自転車置き場は整備されているか。

共用スペースの清掃状態などもチェックします。

 これらのチェック項目は、そのひとつひとつが入居の効率に関わってくるので、

よほど信頼のおける不動産業者の場合は別でしょうが、ふつうは自分の目で確かめておくことをお薦めします。

 また、地方の物件にマンション投資を行う場合は、地元の不動産業者に委託するサブリースが一般的ですが、
契約する前に一度は実際に現地に足を運び、物件を確かめてから契約するようにしてください。

マンション投資トップ

マンション投資セミナー 無料 

↓↓↓詳しくはこちらをクリック↓↓↓
 

勉強はしているのだけどなかなか始められないという人も結構多い不動産投資
「いきなり物件を買うのは勇気がいるし・・・。」
「もっと勉強してから・・。」
こんな人も多いです。
物件を購入せず5~6年勉強している人もいますがいつまで勉強するつもりでしょうか・・
始めるには実はコツがあります。

不動産投資を始めるコツ

セミナーにいったり、資料請求したり、
不動産会社にいって物件を見せてもらうなど
まずは小さい行動することです。

行動が大切といってもマンション投資や不動産投資を始めるにあたって何も知識もないまま初めてしまうのは、
あまりにも危険です。

まずは、最低限レベルのの知識は、身につけたいものです。
しかし、
「本を読んでもネットで調べてもいまいちピンとこない。」

「本は、買ってみたものの読む気にはなれない。」

こんな方もいるのではないのではないでしょうか?

それなら、マンション投資セミナーが、お勧めです。

セミナーであればリアルタイムに講師の話が聞けますし、本を読んだりするよりすんなりと頭の中に入ってきます。
今、マンション投資や不動産投資の無料セミナーもたくさん開催されています。

無料セミナーなんかにいったら売り込まれるのではないかと心配される方もいますが、
そんなことはありません。

私自身、いろんな会社の無料セミナーに参加いたことがありますが、押し売りのような事をした会社は、

一件もありませんし、いろんな資料ももらえて楽しいですよ。
(ちょっと行き過ぎかもしれません。)

もちろん、セミナー中、物件の紹介などがある場合もありますが、気に入らなければ別に購入する必要はまったくありません。

むしろいろんな会社の物件を見ることも勉強になります。
ただで知識を得られるこんないいことないですよね。

まずは、何事も行動しなければ始まりません。

マンション投資の小さな第一歩を踏み出すためにもまずは、

資料請求や無料のセミナーから参加されてはいかがでしょうか?

これなんかいかがですか? これ

マンション投資

老後の生活資金は公的年金だけで十分?

保険見直し・保険相談生命保険の総合保険比較サイトの「保険市場」の調べたアンケートによると
将来の資金について9割以上の人が老後の生活資金に不安を感じているという結果になった。

「老後の生活資金は公的年金だけで十分だと思いますか」という質問で男女共に97%以上の方々が、
十分ではないと回答した。
上記の結果を考えてやはり、そうなるとどうしても自分自身で将来に備えていく必要がある。

個人年金は、貯蓄タイプと保険タイプの二つに分類できます。
現在支給されている厚生年金はサラリーマンで約月23万円、国民年金は月約13万円しかありません。

また、65歳で定年を迎えたとしても、男性で15年、女性で20年以上の平均余命があります。
定年後の安定的な収入を得るための一つにマンション投資を考えてみるのも必要かもしれません。

老後、公的年金だけでは不足する分を補うために、安定した不労収入をつくる為にマンション投資に取り組み、

自助努力で私的年金を得ることを私は、お勧めします。

マンション投資は近年、関心が高まっています。
しかし、ここ数年低金利で推移しており、以前に比べ同じ物件が少ないローンの支払いで
持つことが可能です。

最近ののマンションは、リーマンショック前ののマンションに比べ、 立地環境がよく周辺環境も優れている物件など、
掘り出し物の物件もある事が珍しくありません。

マンションに投資することで、毎月安定した家賃収入を得る事ができ、

個人年金の代わりとして運用したり、効率的な資産作りの手段として考えることが出来ます。

23区内の主要駅の近くなどの条件を満たしている場合は、都心へのアクセスの良さもあり、

将来的にも安定的な賃貸需要も見込まれ、安定した収入を得る可能性が大きくなります。

特に駅からの徒歩時間が10分圏内の物件は人気があり、資産価値が下がりにくい事で
人気があります。

老後の私的年金確保につながる公的年金の不安が叫ばれる中、マンション投資をすることにより

家賃収入が公的年金の不足分を補い私的年金としての役割を果たしてくれます。

マンション投資入門講座