マンション投資で専門家をうまく使うこと

マンション投資と専門家

よく不動産投資をした後、管理や賃貸経営のあらゆることを
お金が掛かるから専門家に頼まないで自分でやりたがる方がいる。
専業としてやっているのであれば、時間もあるし、いいとは思うのだが、
サラリーマンなどの仕事をしながらするのは、本業などに支障をきたす可能性もあ
る。
また、自分でやることに対して知識も経験もあるのであれば、いいのですが、
知識無くやってしまうと小さなお金を気にして大きなお金を失う危険もあります。

負担になりそうなことは、全て他の人にお願いするこ
ともすごく大事なことで、
特に、不動産の管理、これはお願いした方がいいことが多いです。

物件の管理には、
・入居者の募集
・賃貸借契約
・滞納督促
・敷金の精算
・物件の清掃
・設備類の修理
・入居者からのクレーム対応
・原状回復工事
・請求書の作成送付

のような細々とした仕事がある。

管理費は、不動産業者によって違いがあり、おおむね、家賃の3~8%といった
感じである。
してくれるので、
すぐに次の入居者が決まっている。
仕事をしている人が、自主管理などしていると
滞納が頻繁にあったり、掃除がちゃんとできなかったり、
リフォームの手配に手間取ったりします。
そうすると空室損、滞納による損失が大きくなることもあります。
余計なことまで考えているとストレスがたまり、
本業に影響が出たりします。
そんなになったら副収入を得る為のマンション投資も本末転倒です。

いい管理業者を選べば、不動産の管理の細々として
手間のかかる仕事は、ほとんどやってくれます。
細かいことはプロに任せることによって、手間がかからず、
きっちりと仕事をやってもらえば本業に集中することができるのである。

マンション経営入門講座

マンション投資は豊かな老後をかなえてくれるものか?

マンション投資は豊かな老後をかなえてくれるものか?

10年ぐらい前の記事だったと思うのですが老後に不安を持って
いる人が8割以上いると載っていた。
その頃は今ほど年金不安が叫ばれてもいなかったにもかかわらずだ。
今はもっと増えていそうである。
サラリーマンのほとんどが老後の生活費に不安を
もっている。
マンション経営で解消できるのはその点かもしれない。

収益を生む不動産を持つと、そこから家賃収入を得ることができる。
ということだ。

サラリーマンの方などが考えているのは、「年金だけでは、生活は難しいのでは?」
と不安を感じているということである。
そして、年金自体の信用の問題もある。
そもそも、「年金もらえるの?」と思っている方も多いようだ。

マンション投資をして定年までに無借金にしておけば、
年金以外のプラスアルファとして家賃年金で生活を豊かにすることが
可能である。

定年といっても昔のように60歳になったら定年退職して
働かない人よりも最近では再就職や再雇用などで
「働ける間は、働いておこう」と考える人たちも増えている。

働かなくなって何もやりがいがなくなると
人は一気に年を取ります。

老後仕事をしなくなったときに自分が好きなことを
している人はいつまでも若くいられる気がします。

旅行に行ったり趣味に没頭したり出来ればいいのですが、
そういったことをするにもお金は必要です。
お金を自由に使える老後が望ましいのは、
こういう部分からなのである。

マンション投資は、お金をかけず老後のもう一つの
収入をつくる方法です。

マンション投資入門講座

マンション投資の失敗事例 地方都市編

マンション投資を失敗された方もやはりいます。
失敗した事例をいくつか取り上げてみましょう。
Aさんは、6年前に福岡県の博多に投資目的でマンションを購入しました。
最初は、入居もつきAさんのマンション経営は順風満帆のようでした。
その後最初の入居者が出た後が問題でした。
景気悪化の影響もあり次の入居者が
なかなかつかず6ヶ月も空室のままだったのです。
あまりにもつかないので不動産業者に相談すると
「今、景気も良くないしこの家賃では、空室だらけの博多では難しいのでさらに家賃を下げましょう」

という答え。
購入するときには福岡は人口も多いし家賃は、下がりづらいという話だったはず、
どうしてこうなったのか?
確かに景気は良くないしかし、それを考慮して家賃は下げて募集をしたのに
まだ、下げないと入居がつかないのかと大変ショックをうけたそうです。
それでは持っている物件を売って何とかしようと考えたAさんは、
さらなるショックをうけました。
売ろうと不動産会社に査定してもらったところ購入金額から大幅に下がっていたからです。
こんな金額じゃ借金も返せないと思ったAさんは売ることは一旦やめて家賃を大幅に下げ入居付けを
することにしました。
元々利益もほとんどなかったのに家賃を下げたせいで月々の持ち出しも大きく広がりました。
Aさんは売るに売れず貸しても大赤字という八方ふさがりの状態になりました。

博多のワンルームは供給過多でものすごく家賃が下がってしまっていたのです。
不動産の資産価値の維持率は立地によって大きく左右されます。
東京の都心部や再開発のエリアなどであれば大きくは不動産価格が下落しませんが、
郊外や地方都市だと大幅に下がるケースがほとんどです。
このあたりは注意が必要です。

マンション投資 失敗