節税

マンション投資は節税対策になるといわれています。
確かにマンション投資は節税対策になります。
一般的に不動産投資での節税といっても所得税、住民税の節税、
相続税の節税、固定資産税など様々なものがあります。
その中でも取り組む方が言われる節税対策で一番多いのは、
所得税、住民税の節税で損益通算を使い税金還付を受けたいと思って
興味を持つ方が多いような気がします。

マンション投資で節税になるということは、儲かっていないからだという方も
いらっしゃいますが、実際の支出がない減価償却費や利息などが経費として認められるのが
マンション投資の大きな特徴で、たとえキャッシュフローがプラスであっても
不動産所得よりも経費が上回れば、損益通算を使って帳簿上で赤字にすることが可能になります。
そうすれば、確定申告時に源泉徴収分から差引かれた税金が戻ってくることがあります。
つまり、所得税の還付を受けたり、住民税の軽減になるケースが出てくるのです。

他の資産運用で考えていただければわかると思うのですが、株式投資を勉強する為に
セミナーに行ったり、書籍で勉強をした費用を経費にすることは難しいですが、
物件を購入する為に見に行く交通費やセミナーや書籍代は不動産投資であれば経費に
できることもあります。
そういったところも他の資産運用とは違いますね。

マンション投資

マンション投資を敬遠する人の思考

マンション投資を敬遠する人の思考について考えてみました。

・家賃収入が魅力的なのでマンション投資を始めたいとは、思っているが、
 素人だと海千山千の不動産業者にだまされるのではないか?

・マイホーム以外に、マンション投資のために2重のローンを組むなんていやだ。

・お金がないのに投資なんてできないでしょう?

・イメージ的に危なそうとか?

・株やFXなどの方が儲かるんじゃないの?

このような考えからマンション投資を敬遠する人が多いのですが、
非常にもったいないことです。

投資にはどんなものでもリスクがあります。
マンション投資も例外ではありません。

安定したマンション経営を続けるためにはある程度の知識があるか、信頼できる業者を
見つける必要があります。

「怖いからやらない」とか「もっと儲かりそうなもの」に手を出したい気持ちも
わからないでもないのですが、怖いからやらないと思う前に一度はなしを聞いて
から判断した方が、後で後悔することもないでしょうし、
株やFXと同時進行してできるのが、マンション投資のいいところでもあるのです。

何も考えずに毛嫌いするのではなく一度、選択肢の一つで考えてみて自分に
合わないと思ったらやめればいいのではないのでしょうか?

マンsトン投資入門講座topに戻る

改めてマンション投資とこの日本社会を考えてみました。

年をあけて改めてマンション投資とこの日本社会を考えてみました。
今までは大学を卒業し平凡なサラリーマンとして就職して定年を迎える。
そんな人生を多くの方が歩んで行く。
バブル前の高度成長期ならいざ知らず、
終身雇用、年功序列は今や幻想となってきております。
今では良い大学を出ていい会社に就職したからといって安心できません。

リーマンショック以降、バタバタと
数多くの企業も倒産いたしました。
近年では、企業の不祥事などで倒産する企業も出てきております。
景気はいつまでたっても良くならず、勤続を
重ねてもいつまでも収入は上がらない。

昨年は、東日本大震災が発生し、景気回復に冷水を浴びせた。
現代は何が起こるかどうかわからない
先の見えない不透明な時代です。
老後においても年金に対しての不安が、
つきまといます。

このような時代だからこそ
安定した収入を生む資産を築いて、
将来やリストラの不安ににおびえることなく
心穏やかに仕事をする。

そういったことを考えマンション投資を
する人たちが増えている。
これは、日本のあらゆる人たちが社会に
対しての不安のあれわれなのだろうか?

マンション投資入門講座