マンション投資で融資を申し込むとき書類は何が必要?

マンション投資で融資を申し込むとき書類は何が必要?

金融機関に融資を申し込む時に何を提出すればいいのかわからいという人も
多いのではないでしょうか?
書類は前もって何を用意しておけばいいのでしょうか。

区分所有を購入する場合、多くのケースで投資マンションローンやアパートローンなどを
使うことが多いです。

その場合普通のプロパー融資より提出する書類が少なくて
実行まで1ヶ月も掛からないケースもあります。

ただ、少ないといってもそれは不動産会社が提出してくれていたり
するケースも少なくありません。

一般的に下記のような書類が融資も仕込み時には必要になります。
・住民票
・印鑑証明書
・収入証明(源泉徴収書、納税証明書、確定申告書など)
・シミュレーションや事業計画書
・建物(土地)の謄本
・物件所在地地図
・物件概要
・公図
・固定資産税評価証明書
・建物図面
・賃貸借契約書など

上にあげた必要書類のとり方がわからないという人もいるでしょう。
住民票とか印鑑証明、課税証明は、自分の住所地の市役所で取得します。
これは代理でも取得が可能です。
固定資産評価書も市役所などで所得するのですが、これは
代理では取得できません。
公図や謄本に関してはその物件の管轄の法務局で取得するか、
今ではインターネットでも取得可能です。

収入証明になる源泉徴収票などは勤務先に発行してもらいます。
確定申告の写し、納税証明書などは管轄の税務署で取得します。
買う物件の資料については不動産業者に頼みます。
金融機関の担当者にとっては融資を判断する際に
書類関係はとても重要は判断材料となります。

早く書類を取得すれば融資実行まで早くなります。
書類は早めに集めましょう。

マンション投資入門

自己資金が少なくとも出来る投資?

不動産投資のいい点は
自己資金が少なくとも大きな資産を手に入れれるチャンスがある事だと思います。
普通、何かに投資をしようと思ったときの事を考えてください。
たとえば、株式投資などであれば、
「金融機関に株に投資をしたいので融資をしてください」
といったところで貸してもらえることはまずありません。

しかし、不動産投資であれば、不動産という強力な担保があり、
家賃収入という安定した収益が見込めることからリスクが低いと考え銀行なども積極的に
融資をしてもらえます。
特に不動産運用の実績を作ってからですと融資もかなり積極的にしてくれる部分もあります。
ですから一発大きいものから始めようと思うより、小さいものから始めて徐々に大きくしていく戦略も
マンション投資の一つのやり方だと思います。

景気変動による賃貸需要も
特に住居系不動産であれば、景気に左右される事もあまりありません。
不動産投資であれば、他の融資より、低金利で長期でローンを組ませてもらえるのも大きなメリットです。

マンション投資

マンション投資はサラリーマンの強い味方?

マンション投資はサラリーマンの強い味方?
そろそろ年末調整の時期がやってきます。
サラリーマンの皆さんも税金について考える時期です。

皆さん小さい会社の社長でもよく飲みにいって景気よく使っているのを見たことないですか?
サラリーマン方はあまり節税する機会がないので「あの会社儲かっているんだな~」という認識かもしれませんが、
あれは、自営業者の場合、飲み代が経費になることもあるのであのような飲み方をする場合があるんです。

サラリーマンの場合、普通、飲み代を経費を落として節税することはまず無いと思います。
(営業の方だと会社の経費で飲みにいくことがあったりするのは別にして)

サラリーマンの方でもマンション投資や不動産投資をすると不動産所得というものが発生し、
その不動産賃貸事業に必要な経費が落とせるようになります。

だから、サラリーマンでも節税になるというのです。

他にも 忘れてはいけないのが、減価償却です。
減価償却は、実際のお金は出て行かないのに経費にできるのです。

だから、結果、手残りのキャッシュフローが増えます。

マンション経営入門講座