定期借家とは

定期借家とは、平成12年3月から導入された「定期借家制度」のことで、契約期間が満期を迎えたら、入居者は速やかに退去するという形式の借家のことです。

契約によっては、再契約ができるものもあれば、再契約はできないという契約もあります。

一般的に借家の契約期間は2年ということが多いのですが、定期借家においての契約期間は、貸主が1か月でも10年で自由に設定することが可能です。
つまり、短期間だけ貸して、入居者には必ず出て行ってもらいたいという場合に便利な契約なのです。

例えば、一定期間の転勤中に家を人に貸したいという時や、実家や親戚の家などに一時的に住むことになって、その間だけ人に貸したいなど、貸主の都合に合わせて契約をすることができるのです。

更新ができない契約の場合は、賃料などは低く設定されることが多いため、短期間だけ借りる都合に合う入居者にとっても便利で合理的な契約となります。

また、貸主の都合で、更新して再契約をすることも可能で、これは入居者との合意があれば成立します。

住まいを借りる人は、この再契約ができるかどうかという点をよく確認してから契約をすることが重要です。
また、一般的な定期借家の契約の場合は、途中解約ができないので、1か月前に退去したいと言っても契約期間中の家賃を支払い続けなければならないこともありますので、注意が必要です。

貸主は、あらゆるケースを想定した契約書を整えておくことが重要で、不動産仲介会社などとよく話し合っておき、さまざまな条件を立てておくことが必要です。

マンション投資

公示価格 用語集

マンション投資 マンション経営用語集
公示価格とは、国土交通省が公表する土地の価格の事で
土地鑑定委員会が地価公示法に基づき公表する土地価格のことを指す。
一般の方々が不動産取引や資産評価をするに当たって、土地の適正な価格を判断するには客観的な目安が必要になります。
公示価格はその客観的な目安として活用される。

公示価格は、国土交通省の土地鑑定委員会が、全国の都市計画区域内に標準地を設定し、
毎年1月1日時点の土地の正常価格を複数人の不動産鑑定士が鑑定をする。
その後、土地鑑定委員会の審査を経て3月下旬に公表される。

マンション投資入門講座

オーバーローンとは

マンション投資・マンション経営 用語集

オーバーローンとは 諸費用まで借り入れでまかなう融資のことで

不動産投資やマンション投資において物件を取得するときに

頭金はおろか諸費用も含め自己資金なしで物件価格と諸費用の全額を

ローンでまかなうこと。

現在では、銀行の融資が姿勢がサブプライムショック以前から厳しくなったこともあり、フルローン以上に、

オーバーローンで不動産投資をすることは難しくなっていいる。

数年前には一棟ものRCの自己資金なしオーバーローンの不動産投資が流行った。

マンション投資入門講座