マンション投資 生命保険効果 団体信用生命保険

マンションなどの不動産をローンを組んで購入する場合には、ほとんどのケースで団体信用生命保険の加入が必要となります。

これは、例えば債務者が死亡や高度な障害などに見舞われても、団体信用生命保険が適用されるため、ローンの残債は保険会社が債務者に代わり全ての残債を保険金で返済する為のものです。

つまり、ご家族にはローンを完済した無借金マンションが残るので、売却すれば多くのキャッシュが残り、持ち続けたとしても家賃収入が、ご家族に残せます。
遺族年金の代わりにもなります。

マンション投資入門

マンション投資 資産運用比較 銀行預金 投資信託などとマンション投資比較

現在は100年に1度の大不況の影響で預金や投資信託に代表される金融商品は金利水準が低い為、資産運用にて投資家が満足するリターンを得る事が非常に困難な状況に陥っています。
もちろんリターンの高い金融商品が無いわけではないのですが、その分リスクも高く、安定的な資産運用としては向いておりません。 これに対してマンション経営は利回りが5~6%である事も多く、インカムゲインである賃料も景気が悪いときでさえもあまり下がらないため、投資効率に優れ、収益性、安定性を兼ね備えた資産運用として注目を集めてます。

資産運用比較 銀行預金(定期預金、普通預金)、投資信託などとマンション投資比較

マンション投資入門

マンション投資 失敗できないマンション投資

マンション投資やマンション経営は失敗できません。
なぜなら、株式投資のような金融商品とは違い換金性が低く失敗したから売ろうとしてもすぐに売れるようなものではないからです。
いくら自己資金が少なくそれ以外の資金をローンでまかなったとしてもても1~2千何百万の物件を購入いたしますので月々のローン返済額は少ないと4、5万円多いと12、3万円です。
都内のワンルームマンションの管理費と修繕積立金は5000円ぐらいから2万円ぐらいですので両方足したものが月々の支払いになります。
滞納や空室になるとそれがまるまる自分の支払いになります。
1,2ヶ月ならいいのですが半年から1年も続くと大変です。
たとえば、支払い10万円だとして半年間空室で10万円×6ヶ月=60万円は、かなり痛い出費です。
これが払えなくなり物件を売ろうと思っても空室が出てなかなか決まらないような物件は、なかなか売るに売れない。
ローンが支払われず債務不履行で物件の差し押さえ競売といった状況も最悪考えられます。
ですから、購入時にそういった空室などのリスクの無い賃貸需要がある物件を持つことが重要です。
ただし、過度にリスクを怖がる必要はございません。
マンション投資(マンション経営)のリスクの大部分は知っていれば回避出来るものも多いのも確かです。
他の章ではマンション投資のリスクの回避の仕方をやります。

マンション投資入門