マンション投資のデメリット

 日本は現在、かつての不動産バブルの影響から、住宅が供給過剰の状態にあり、
少子化が進めばこの状況はさらに悪化すると言われています。
こうした状況ではマンション投資で購入した物件の価格上昇は特定の物件を除きあまり期待できません。
このためマンション投資は物件の値上がりから利益を得るキャピタルゲインから、
家賃などの安定収入により利益を確保するインカムゲインに移行しています。
 しかし人口減少の状況が変わらない以上、これも容易なことではありません。
いかに入居者を確保して安定した収入を得ていくかが重要な課題となってきます。
マンション投資のデメリットはこの点にあります。

 物件を見つけるだけでも一仕事で、高価な買い物になるうえに、気にいらなかったら買い替えるというわけにもいきません。
いくつもの物件を検討したうえで、利益を見込める物件を探し出します。
ローンを組んで資金を調達し、その後も広告で入居者を募集して、入居者を確保するために経年による物件の劣化は修繕し、
入居後に起きるトラブルにも対応しなければなりません。
そのひとつひとつに労力とコストがかかります。
賃料の安く運営費割合の高い地方の小さいタイプの物件は特にその影響を受けることでしょう。
 
そうした意味では、マンション投資というのは投資した後から資産を育てていく投資の在り方と考えたほうが
適当かもしれません。

マンション投資のことなら

マンション投資は、失敗談あまりきかない?

マンション投資の失敗談というのは、あまり聞いたことがないのはどうしてなのでしょうか。
それは、安全で安心な投資方法だからです。

投資のプロではない、いわゆる素人でも気軽に始めることができる投資です。

株式投資や外為投資などでは、日本はもとより、世界経済、また産業構造や新技術、新サービスなど多くの知識と情報が必要です。
あるいはまた、賭け事に近い度胸や決断、覚悟が必要です。
こういった準備や覚悟がない状態で投資をすることで体験した失敗談をよく聞きます。この失敗談のなかには、一日で数百万円、
数千万円というケタ違いの損失もよく聞かれますから、初心者は簡単に手を出さない方が賢明でしょう。

一方、マンション投資はこれらと異なり、マンションという不動産資産を保有する、という単純なことが収入を得ることにつながります。

ちゃんと勉強したうえで立地の良い場所などへのきちんと物件選びをしたマンション投資で、もし失敗談があるとしたら、もっと早くからはじめれば良かった、とか、
分相応な自宅を購入するくらいならマンション投資をすればよかったという、別の意味の失敗談でしょう。

実行した人よりも、しなかった人の方が断然失敗談が多いのです。不動産という資産が残り、そのうえ、家賃という収益が見込めるのですから、
マンション投資をしないことは人生のムダをしているようなものなのです。

実行しないで他人を羨ましがっているよりも、すぐにでも始めたほうが絶対にお得なマンション投資。ああ、あの時に始めておけばよかった、
という失敗談を残さないためにも、ぜひ今すぐ、始める決断をした方がいい部分もあります。

でも、投資をするには、少しの勇気が、必要です。
投資ですからリスクはあります。
しかし、わずかな可能性のリスクを怖がって不動産物件を購入に踏み込めない人が多いのも確かです。

マンション投資をするにあたって、日本の少子化が不安材料になっていると考える人も少なくないでしょう。
けれど、それはそれほど問題ありません。

少子化はたしかに進んでいますが、住居としてのマンションのニーズは確実にあるのです。ですから少子化の及ぼす影響は、かなり少ないと言って問題ありません。

少子化がどんなに進んでも、現在、存在しているマンションなどの建物も、経年劣化していきます。また東日本大震災から、防災や建物の安全性が、
いっそう叫ばれるようになり、マンションの建て替えや、地域の再開発も積極的に見直されるようになりました。

つまり、古いマンションや築古の木造物件が減るということは、少子化が進んでも、新たな住居が必要となる訳で、マンション需要は、これからもあり続ける可能性が高いのです。

現在、使用されているマンションは、居住している人たちでさえ、震災などの耐久性について頭をいためています。大規模修繕も頻繁に行なわれるようになりました。

とくに一人暮らしをしている人たちは身軽に引っ越しをすることが可能ですから、賃貸しているマンションに特別な思い入れがなければ、新しいマンションに引っ越したいと思っている人が多いのです。

今、大変良いタイミングにあります。
第二次ベビーブーム世代の子どもたちもそろそろ一人暮らしを始める時代に入っていますから、このチャンスを逃すことはとてももったいない話なのです。

見えない幻想におびえるよりも、さっさと始めた人が勝利する、それがマンション投資なのかもしれません。

自分の豊かな暮らしや将来の収入増のためにも、マンション投資は大きな意味を持っていることを見直してみてください。

マンション投資入門トップへ

失敗談 よくあること

 マンション投資に失敗した方のなかには、投資する前に過剰なメリットを期待していたために、実際のマンション経営に落胆してしまう方がいます。
マンション経営を推奨する不動産会社のセールストークにも問題はありますが、資金を投入するのに不動産投資に関する知識が乏しい不用意な投資家の方がいるのも事実です。

 投資用マンションは金融機関から融資が受けられるので、自己資金が少なくてもはじめられることは事実です。
しかし融資を受けるのですから負債を負ったうえでの投資になるのですから、安易に飛びついていいものではなく、
借り入れのリスクとレバレッジのメリット部分も比較する必要があります。

 マンションは購入した途端に価値が落ちることがあります。
実際、新築物件を購入してすぐに売却したとしても、購入価格よりも安い価格でしか売れない場合も考えなければならないのです。

不動産における投資の利益は売買で得るものではなく、あくまで家賃収入による長期的なインカムによるものであることは、最低限、憶えておくようにしましょう。

 また、マンション経営で意外と多いトラブルに、管理を委託している会社とのトラブルがあります。

一括借り上げにより家賃保証を行うサブリースですが、この契約は定期的に更新され、更新時に家賃の見直しがあって多くの場合は家賃が安くなります。

保証する家賃額が永年にわたって続くと誤解すると経営計画に大きな修正を余技なくされることがあるので、注意してください。
また、マンション投資による節税効果も継続して長期に続くものではなく当初数年だけのものです。
永遠に長く続くことを期待してはいけません。

 投資はどのようなものでも油断は禁物です。
慎重に十分に計画を立てたうえで、過剰な期待を抱くことなく行うことをお薦めします。
また、マンション経営に失敗しないために、不動産投資に関する正しい知識を学んでおくことも忘れないようにしてください。

マンション投資入門講座