金利上昇 リスク マンション経営

金利上昇 リスクとは  マンション投資 金利リスク

ローンを組んでマンション投資を始めて万が一、金利が上昇すれば、返済金額が上がってしまい収支を悪化させてしまうリスクがあります。

マンション経営において、収支に一番大きな影響を与えるのがローン金利です。

変動金利で安い金利で融資を受けられれば、キャッシュフローは良くなるですが、
ローン期間中に変動することでキャッシュフローを悪化させる恐れがあります。

だからといって不動産投資での長期の固定金利は金利が高いことも多く キャッシュフローが悪くなる可能性があります。

確かに住宅ローンであれば、変動金利でローンを組んでいた場合、
ローンの返済額の増加がまるまるローンを組んだ方に直撃します。

しかし、マンション経営においては家賃収入という原資を返済にまわしておりますので自宅でローンを組むより金利上昇の
リスクは少ないです。

景気が良くなり金利上昇したのであれば、家賃が上昇する可能性もありますし、
そして何より不動産の物件価格はそのようなときには上昇している可能性も高く売却して
利益を確保するという考えもあるでしょう。

変動金利を選択して金利上昇が心配な方はリスクを少しでも減らすために自己資金を多くするか、繰り上げ返済を積極的して
リスクヘッジをするのがいいでしょう。

マンション経営 金利上昇リスク

Q&A マンションをローンで購入後の金利上昇リスクは?

マンションを投資用ローンで購入する場合、当然将来的な金利上昇のりすくはあります。

たとえば、ローンの返済額を安定させたい場合に最初から固定金利を選ぶのも手ですし、逆に繰り上げ返済という手もあります。
しかし、金利が上昇するということは即ちインフレの方向に向かっているという様にとらえることが出来ます。
当然そうなれば物価も上がっていくので家賃を引き上げる判断も可能となります。
その場合、金利は上昇しますがローンの返済が容易となります。
つまり、デフレ化の低金利の状態でマンションを購入し、インフレに向かいながら資産を構築していくのが理想の形と言えます。

マンション投資入門講座