マンション投資 価格

マンション投資にまた人気が集まっている昨今ですが、購入時の価格は中長期の運用計画を立てて、余裕にある範囲に留めておくことが大切です。

アベノミクスの3本の矢は、金融政策、財政政策、成長戦略として今後さまざまな施策が講じられると言われています。
すでに金融政策では効果が出始め、長期金利上昇に懸念の声も出ていますが、日本銀行はこれを本意ではないとしています。

しかし、今後の予測からすると長期金利上昇は避けては通れない問題であるとされており、マンション投資などを行なうにはこれを念頭に置いた購入価格を判断すべきだと思われます。

マンション投資の投資利回りは、購入時の価格を含めた総投資額と年間の収益を基本に考えます。
ですから融資を受ける際の金利はこの総投資額に大きく影響するため、例え0.01パーセントであっても軽く考えてはいけないのですが、
その時の物価上昇により不動産価格が上昇することがあります。

また、同じ価格の不動産物件である場合、新築か中古かという点も大きな選択ポイントになります。
これは、一概にどちらが収益性が高いとは言い切れない問題で、立地や周辺環境、建物の構造や管理、物件の間取りや設備など多角的な見方をしてバランスを考えることが重要です。

そしてまた投資不動産は、一定期間保有した後に物件を売却した場合は、売却した価格によって不動産を保有していた期間の利回りが変動します。
この場合、当然新築物件のほうが高い価格で売却が可能で利回りも予測しやすいですが、中古物件は修繕などに関する経費や賃料が減額するリスクがあるため、その予測は慎重に行なう必要があります。

TOP

マンション投資と政策金利

マンション投資と政策金利は、切っても切り話せない関係にあります。

雰囲気だけではないのかと言われているアベノミクスですが、マーケット全体が活気づいている状況は不動産投資にも良い影響が出ているようです。

2013年4月、世界が注目したG20では日本銀行の黒田総裁により、日銀の新たな量的、質的緩和などの政策を脱デフレ目的であると明記された共同声明も発表もなされました。

円安誘導批判が懸念されていましたが、これは大きな問題にはならず、政策の目的と手法が理解を得て評価されたことは大きな成果であったと言ってもよいでしょう。

このことは、同時に日本のデフレ脱却がG20はじめ世界経済に対する責務であること明確になり、政府はもとより、日本銀行、民間企業がさらに脱デフレに向けた努力を続けなければならないこともたしかです。

金融緩和において政策金利は最重要課題となりますが、すでに不動産投資の分野では先を見越した動きが始まっています。

消費税率が上がることもあり、住宅市場ではかなり活発な動きが出ていますので、投資家たちがこれを見逃すはずはありません。

また、今後景気回復がさらに加速すれば、賃貸料の値上がりも必至になりますので、10年以上の銀行ローンを組んで購入する不動産物件と、そこに入ってくる賃貸料のバランスを考えれば、そろそろ新しい物件をふやすタイミングになってきているのかもしれません。

2%の物価上昇が現実のことになってきたら遅かったという場合も考えられます。
リスク管理も含めて準備を整え、タイミングを逸しないように注視していくことが求められます。

マンション投資入門講座トップページ

マンション経営において経済を学ぶことはどんな意味を持つのでしょうか?

マンション投資において経済を学ぶことはどんな意味を持つのでしょうか?
不動産と経済は繋がっております。
たとえば、金利の上昇は、不動産にどのような影響をあたえるのでしょうか?
まず、一般的に金利の上昇は企業の業績悪化の要因になります。
金利上昇の初期段階では景気回復も同時進行しておりますので景気悪化に即つながるということでは
ございませんが、利上げが続き金利が上昇し続けると企業が金融機関から調達する金利が上昇し、
借りるコストが上がり利益が圧迫される事になります。そうなりますと資金調達を押さえ設備投資などしなくなります。
そうなると景気悪化を起こします。
不動産においても同じことが言えます。金利上昇は不動産価格の下降要因になります。
金利上昇の初期段階では景気回復も同時進行しておりますのでインフレがおき不動産価格は上昇し続けます。
利上げが続き金利が上昇し続けるとエンドユーザーが金融機関から調達する金利が上昇し、
借りるコストが上がり利益が圧迫される事になります。
たとえば、ご自宅をローンを使って購入しようとした場合、同じ物件でも金利によって
返済金額が大きく変わります。
同じ金額を同じ期間で借りているのに借りた時期の金利の違いによって月々の返済金額が、
一方は10万円でもう一方は8万円などということが起きるのです。

そうなりますとマイホームを買うことを控えるようになり、住宅は売れなくなります。

そうなるとおのずと不動産の物件価格の下落が起きます。

つまり、金利の上昇は不動産価格の下降要因になりかねないのです。
しかし、今の日本で金利上昇は、しばらくの間考えづらい部分もあります。
景気が良くならない状況での金利上昇は、景気を悪化させる危険性を孕んでいます。
景気の悪化は税収を減らし、更なる景気悪化を呼びます。
日本の財務状況を考えると政策金利を上昇させることは相当景気が良くならない限り
可能性は薄いように感じます。
マンション投資においての金利上昇を考えてみれば将来的に景気が良くなって
物件価格が相当上昇し、それに付随して金利上昇したとしても
そのときにはマンションの物件価格が相当上昇しておりますので
物件を売却してしまえばいいという考えもあります。