借家人賠償責任保険

賃貸マンションや賃貸アパートの入居者は、その部屋を退去する際に、入居した時と同じように現状回復をするという義務を背負っています。

例えば壁にいたずら書きをしてしまったら、それを消すか、壁紙を張り替えることになります。フローリングを傷つけてしまったらそこを修理するかフローリングを貼り直すかするのです。

そしてそれがもし入居者の責任下で起こった失火や漏水などといった場合は、修繕にかかる費用も大きな金額となり、それを支払うのは入居者の義務となります。

万が一入居者がこの責任を果たせない、あるいは果たさないとすると、入居の際に保証人となった人が代わって責任を果たさなくてはいけません。
その保証人も知らん顔するような事態が起こっても、オーナーは自分の資産ですからそのケアは自分でせざるをえないことになってしまいます。

借家人賠償責任保険は、こうしたトラブルからオーナーを救ってくれるシステムです。

一般に、借家人賠償責任保険はアパートやマンションを借りる時に火災保険、家財保険に加入しており、ここに特約として付加されていることがほとんどです。

多くの借家人賠償責任保険は入居者による失火や漏水の場合、原状回復費用を保証しますが、失火、漏水に加えて破損を保証する保険もあります。

投資マンションや賃貸アパートなどの経営をする不動産投資家オーナーは、借家人賠償責任保険について契約前によく内容を比較検討して、自分の都合にマッチした保険であるかどうか判断することが重要です。

先頭へ

マンション経営 火災リスク 

火災 リスクとは   マンション投資 火災リスク 

所有している不動産物件がが焼失してしまうということも、不動産投資ならではのリスクです。

不動産投資をして物件を買って賃貸経営を始めたとしてもその物件が燃えてしまえば得られるはずのインカムゲインを得られなくなる可能性があります。

その火災のリスクを回避する方法を解説します。

まず最初に考えられるのは火災保険に入ることです。

一般的にローンを組むときは火災保険が加入条件になっていることが多いです。

しかし、地震による火災はカバーされない為、火災リスクを考慮した場合、地震保険にも入った方がいいでしょう。

地震保険はなかなか高額であり補償額も少ないのですが、万一のこと
も考え検討することも必要です。

あと燃えにくい構造の建物を選択することも火災のリスク回避には大事なポイントです。

木造よりは鉄筋コンクリートの方が構造上燃えにくいため、RC構造の物件に投資するのも
火災リスクを回避するには非常に効果的です。

マンション投資入門講座