不動産投資と不労所得

日本では一時期、自分で稼ぐのではなく、お金にお金を稼がせるという言い方が流行りました。
働かないでも収入があるというのは、誰にとっても魅力的な話ですが、これは簡単に言えば不労所得のことです。

例えば、預貯金や国債、株式投資や外為投資、また不動産投資などがこれにあたります。

預貯金は、金融機関の長く続く低金利から考えると、利益を出すには相当な元金が必要となるでしょう。

株式投資や外為投資は、一攫千金が狙える魅力も少なくはないですが、反面、短期間に大きな損失を出すというリスクも生じます。

不動産投資は、購入した物件を購入金額よりも高い金額で売って利益を得る方法と、物件を賃貸運営してその賃料で利益を得る方法があります。

どちらの方法でも、手元には必ず不動産という形に残る物件があるわけですから、株式投資や外為投資に比べると安心感が高い方法だと言えるでしょう。

この方法で得る不労所得なら、中長期的な計画も立てやすく、またリスクが低くて済むことから中低所得のサラリーマンにも手が出せる投資だと考えられています。

コツコツと積み立てる預貯金で、自分の老後の生活を維持することが難しい時代にあって、こうした所得の道をつくっておくことは自己防衛手段として大変重要であり、将来は不可欠になると予測されています。

贅沢な暮らしや豊かな暮らしという夢も同時に叶えられる資産運用で、安全で安心な未来を設計してみてはいかがでしょうか。

サイトトップ

自己資金が少なくとも出来る投資?

不動産投資のいい点は
自己資金が少なくとも大きな資産を手に入れれるチャンスがある事だと思います。
普通、何かに投資をしようと思ったときの事を考えてください。
たとえば、株式投資などであれば、
「金融機関に株に投資をしたいので融資をしてください」
といったところで貸してもらえることはまずありません。

しかし、不動産投資であれば、不動産という強力な担保があり、
家賃収入という安定した収益が見込めることからリスクが低いと考え銀行なども積極的に
融資をしてもらえます。
特に不動産運用の実績を作ってからですと融資もかなり積極的にしてくれる部分もあります。
ですから一発大きいものから始めようと思うより、小さいものから始めて徐々に大きくしていく戦略も
マンション投資の一つのやり方だと思います。

景気変動による賃貸需要も
特に住居系不動産であれば、景気に左右される事もあまりありません。
不動産投資であれば、他の融資より、低金利で長期でローンを組ませてもらえるのも大きなメリットです。

マンション投資

マンション投資は実物資産に投資する資産運用方法です。

マンション投資は実物資産に投資する資産運用方法です。

資産運用で代表的なものと言えば、
株式投資、FX、投資信託、国債など昔で言えばペーパー資産、
今はコンピュータ上のデータ資産です。

そのデーターである形のない資産だと持った実感もありません。

もし、そのデータが消えてしまったらとか考えませんか?
(そうなっても大丈夫だと思いますが・・・。)

現物投資のほうが、安心できる人のほうが多いのではないのでしょうか?

そして、投資効率を高めるためにレバレッジを効かせる時の安心感も違うのではないでしょうか?

レバレッジを使うと他人資本で資産が形成できます。

不動産投資は融資を使って投資効率を上げることができます。

不動産投資は他人資本を使う投資としてはかなり優れた投資法です。

銀行からの融資という他人のお金を使い物件を購入し、家賃収入という他人のお金で返済します。

そうすれば、自分自身には、わずかな資金しかなくとも他人のお金を使って
大きな資産を形成できるのです。

こういう投資ってかなり限られるのではないのでしょうか?

株を購入するからお金を貸してくださいといっても融資をしてくれる銀行は、
ほとんどないでしょう。(企業買収などを除き)
それは、株は、その会社が倒産などすれば価値が0になってしまうかもしれないからです。

しかし、不動産を購入するから、お金を貸してくださいと言えば、
銀行は喜んで貸してくれます。

それは、不動産という実物資産を購入するからです。

もし、万が一返済が出来なくても不動産という実物資産を
担保に取っていれば、それを売却し現金にすればいいのです。

建物は古くなって老朽化することはあっても土地は、なくなりません。
価値が0になることは、まず、ないのです。

これが、実物資産に投資するメリットです。

マンション投資