マンション投資とその他の金融商品 資産運用比較

日本は現在、100年に一度といわれる不況に見舞われております。
その中で、我々は将来のための資産形成を行わなければなりません。
では、マンション投資とその他の金融商品である、長期国債、投資信託(投信)、株式投資、外貨預金、普通預金では、メリット、デメリットの点で、どのように違いがあるのでしょうか?

金融商品 メリット デメリット
長期国債 やや安定的 元本割れ少ないがある
株式投資 リターンが大きい 利益予測が困難
投資信託 預金よりは利回りが良い 元本割れ可能性あり
外貨預金 預金よりは利回りが良い 為替のリスク
普通預金 いつでも引き出せる 低金利
マンション投資 高利回り・少ない自己資金 長期間

確かにいろんな資産運用があります。
運用により強みと弱みがあり、一概にどれがいいとは言えない部分もあります。
現状では、日本の経済状況が今後どうなっていくのか予測するのは大変難しいです。
しかし、上記の表にもある通りマンション投資は他の金融商品と比べても安定的であり、投資対象として魅力のある利回りです。
不況の中にあり低金利の時代だからこそ、マンション投資には他の金融商品よりもリスクが少なく強みがあるのです。

マンション投資入門

資産運用比較 マンション投資との比較

現在は100年に1度の大不況の影響で預金や投資信託

代表される金融商品は金利水準が低い為、

資産運用にて投資家が満足するリターンを得る事が非常に困難な状況に陥っています。

もちろんリターンの高い金融商品が無いわけではないのですが、その分リスクも高く、

安定的な資産運用としては向いておりません。

投資には、リターンが高くなればリスクも高まるトレードオフの関係というものがあります。
そこで資産運用を比較してみてみましょう。

銀行預金(定期預金、普通預金)、投資信託などとマンション投資比較

これに対してマンション投資・マンション経営は利回りが5~6%である事も多く、

インカムゲインである賃料も景気が悪いときでさえもあまり下がらないため、

投資効率に優れ、収益性、安定性を兼ね備えた資産運用として注目を集めてます。

資産運用はそれぞれに特徴があります。
キャピタルゲインを狙う資産運用、インカムゲインを狙うもの
リターンが高いもの、低いもの
リスクが高いもの、低いもの
資金のいるもの、あまりいらないもの

それぞれの特徴を把握し自分に合った資産運用をしていきたいものです。

マンション投資トップもどる