資産運用の利回り

 資産運用を行なう上で最も気にしなければならないのは、安全性と利回りのバランスです。

資産運用は元金を増やして初めて運用できたことになり、元金に対してどの程度の割合で利益が出るのか考えておくことが重要なのです。

利率は額面金額に対する利子であるのに対して、利回りとは投資元本に対する利子もう組めた収益の割合を指しています。

例えば国債の場合では、表面利率は利率またはクーポンレートとも呼ばれますが、利付債について半年ごとに支払われる利子の大きさを表しています。
固定利付債は額面金額に対する1年分の利子がパーセントで表示されており、額面金額100万円について2万円の利子が払われる場合、表面利率は2パーセントとなります。
国債の表面利率は、その国債が発行された時の市場の実勢によって決定され、償還までは変わりません。

一方、利回りは1年あたりの運用益パーセント表示しています。
この運用益の中には1年分の利子収入と償還額面と購入価格の差額が含まれています。利子収入である表面利率は発酵時から償還時まで変わることはありませんが、
償還額面は購入価格が時価となっており、国債相場の状況や購入する金融機関によって変わります。

したがって、購入価格次第で国債の利回りが変わってくることになるのです。

また、マンションなどの不動産を購入して賃貸する資産運用においては、管理費や修繕費、固定資産税、あるいは空室時の無収入期間などを考慮して計算をすることが必要です。
そして、その不動産が、どのくらいの価値を保っていられるかも考慮しなくてはいけません。
販売価格と毎月の賃貸料を見る表面利回りだけを見て大きく運用できると勘違いをしてはいけないのです。

トップページ

資産運用 シミュレーション

いろいろな資産運用がありますが、始める前にシミュレーションを行なっておくことをおすすめします。

人間は生きていくだけでお金が必要です。
そして生きていく間には、年齢やシーンによってさまざまな出来事があり、その都度必要になるお金も異なります。

自分の人生において、収入がどのくらいの率で昇給し、どの年代でいくらくらいが必要になるのか、整理してシミュレーションしてみるとよいのです。
そして、結婚、子供、老後などの資産運用の目的や計画を明確にすることで、自分にとって必要な資産運用の規模が見えてきます。

病気や身の回りのアクシデントなどに備えて、換金性が迅速な資産運用としては銀行預金が挙げられます。必要な時に、即座に現金を手にできる利便性は他の運用方法と比べてダントツです。

国債は満期までの期間に解約すると利率が悪くなるデメリットがありますが、比較的安全で利率が良いことから、子供の教育資金や子供の結婚資金などを目的とするには向いていると言えます。

株式投資は株主優待などのメリットも含めて保有者になるのか、短期間で利益をだしたいのかにもよりますが、両方の目的を持って別々に保有しておくことも良い選択です。

マンションを購入して賃貸運営を行なう不動産投資は、シミュレーションを行なうことで実質の収益の上下幅を見ることができ、リスクに備えることができます。

そして、これらの運用を組み合わせて行なうことで、目的に合った運用を行なうことができ、効率的に資産を殖やすことができます。

マンション投資入門講座TOP

マンション投資と他の資産運用との比較

マンション投資を他の資産運用と比較してみると、その安全性や将来性がよく分かるのではないかと思います。

第一に、マンション投資は不動産を所有して行なうのですから、投資を始めた時点で有形の財産のオーナーになっています。
そして毎月賃料が収入となり、この収入からマンションの管理費や修繕費などの維持費、税金などを差し引いた分が実質の利益となります。
毎月の賃料は入居者と賃貸契約を締結した時に決めますが、これは多くの場合2年契約になっており、天災などの大きな状況変化などが起こらない限り、賃料の値下げはありません。

しかし株式投資や外為投資などの金融資産に元本保証はなく、景気の動向によって価格が急激に上下し、場合によっては何の価値もない資産になってしまうことも少なくありません。
これらと比較してみると、マンション投資がいかに安全で安定した資産運用であるかよく分かります。

またサラリーマンが行なうマンション投資では、節税対策や生命保険の代用といった活用の仕方もあり、本業の収入やサラリーマンのメリットを活かしながら行なうことができるのも大きな魅力です。

投資物件のマンションは万が一、何らかの理由で手放したいと思った時には売却することもできます。
また、長く空室が続いたり、投資している人の生活スタイルによっては、自分や家族がそこに居住してしまうといったこともできますから、使途を幅広い目的で考えることができます。

将来の希望や収入予測を立てて、よく比較検討して投資を行なうことが大切です。

マンション投資