団体信用生命保険

団体信用生命保険とは、住宅ローンの返済中に、ローン契約者が脂肪または高度障害になった場合に、契約者本人に代わって生命保険会社が、住宅ローンを残高に相当する保険料を債権者に支払い、ローンを完了させるという制度です。

一般的にローンを組む際に、金融機関がローンの利用者をまとめて生命保険会社に申し込むことから、保険料は割安な上に、加入時年齢による保険料の差もありません。
この団体で加入することから、通称「団信」と短縮された言い方もされます。

この制度があることから、住宅ローンを組んでいる人は、さらに大型の生命保険に加入することはムダであると言えます。
万が一の時には、少なくてもローン分は保険会社が支払ってくれるのですから、後はその先の生活費の基盤となるための費用を残しておければいいはずです。

それでも、一家の大黒柱となっている人がいなくなったら、家族はどう生活して行くのかと心配する人も少なくないでしょう。

そういう人は、万が一という突然死亡だけではなく、老後の心配も合わせてしておくとよいでしょう。
その心配を解消するのはマンション投資のような、少しの資金で始めることができる副収入をつくることです。

マンション投資であれば、ローンを組む際に、団体信用生命保険にも加入しますので、万が一の時にはこのマンションもそのまま資産として残すことができます。
また、賃貸収入も入ってきますので、資産は2倍に増えるということになります。
便利な制度を上手に使って、万が一の時や、老後の備えを固めておくことは、現代人にとって、大変重要な考え方であると言えるでしょう。

マンション投資入門講座

マンション経営は生命保険の代りになる?

マンション投資は生命保険の代りになる? マンション経営Q&A

【質問】
マンション投資は生命保険の代りになるってどういうこと?

【答え】

多くのの民間金融機関では、住宅ローンを組むとき
団体信用生命保険(以下、団信)への加入が義務付けられていますので、加入を強制されます。

団信は、ローンの債務者が死亡等の理由で住宅ローンを支払いでき
なくなった際に代わりに住宅ローンを支払ってくれる保険のことで
これは、ローンの返済の途中に債務者の方に死亡や高度障害など万が一の事があった場合、
全ての残債を保険金で返済するためのものです。

東京都心部の新築や築浅のマンションに投資をしていれば万が一の場合に、2000万円相当の無借金の
マンションという換金も可能な実物資産が残ります。

ローンの支払い自体がなくなりますので、
年間約100万円程(東京都心部の築の浅いマンションならこれぐらい)
家賃収入が毎月の実収入になります。

つまり、ご家族にはローンを完済したマンションが残るので、売却すれば多くのキャッシュが残り、
持ち続けたとしても家賃収入が、遺族年金代わりにご家族に残せます。

生命保険の見直しで投資用マンションが無理なく買えた! 

株式会社グリップ主催のマンション投資セミナーです。
開催日2010/11/19
http://www.yk-glip.co.jp/seminar_06.html

マンション投資と生命保険の関係は本サイトでもご説明しておりますが、
それに特化したセミナーなども開催しておりますので参加してみてはいかがでしょうか?

講師:中山 繁樹

【セミナー内容】

◆保険の見直し ここがポイント!
1.現状、どんな保険に加入しているか確認してみましょう
2.自分(家族)に何が必要なのか考えてみましょう
3.自分(家族)にどの商品がいいのか選んでみましょう

◆不動産投資のための保険選び ここがポイント!
1.不動産投資を始めた場合、どういう保険が必要か考えてみましょう
2.不動産投資を始めた場合、どういう保険が必要なくなるか考えてみましょう

◆不動産投資と保険を合体させたプランニング作成 ここがポイント!
1.月々の支払はどのようになるか?
2.どれぐらいの保障を確保できるか?
3.どれぐらいの年金を確保できるか?

マンション経営のメリットである「団体信用生命保険(団信)と通常んの生命保険との比較にも役立ちます。

>> マンション投資入門講座