マンション投資 年金対策 老後不安 個人年金との比較

現在日本の年金制度は、緩やかですが確実に崩壊へ向かっております。
団塊の世代の引退により少子高齢化に拍車がかかり、現役世代では、高齢者を支えきれなくなっているのです。
政府は、対策方法として年金の需給年齢を更に引き上げることを検討しているが、現状でも男性の場合は平均寿命以上に生きなければ年金の元本割れを起こしてしまう可能性も否定できません。

今後は老夫婦二人が生活できるような年金はもらえなくなる覚悟が必要です。

そういった年金不安から、自分自身で年金を確保しようと資産運用をされる方が増えて来ておりますが、
不透明な経済状況から、株式やFXなど他の投資を知識も資金も少ない状況ではリスクが大き過ぎます。

そこで資金がそれほどなくとも業者選びをしっかりすれば手間も知識もそれほど必要がない資産運用に注目が集まっています。
マンション投資は、通常、金融機関からの融資を受けローンを組む事になります。
返済は入居者からの家賃で殆どまかなえてしまいまので、自信の資本を極力使わないで済みます。
ローンの返済後は、家賃という収益を生み出す不動産が手元に残るのです。

ですから、最近では、
老後となる将来の事を考え、不労所得としてのマンション投資を始める方が増えております。

マンション投資TOP

資産運用比較 マンション投資との比較

現在は100年に1度の大不況の影響で預金や投資信託

代表される金融商品は金利水準が低い為、

資産運用にて投資家が満足するリターンを得る事が非常に困難な状況に陥っています。

もちろんリターンの高い金融商品が無いわけではないのですが、その分リスクも高く、

安定的な資産運用としては向いておりません。

投資には、リターンが高くなればリスクも高まるトレードオフの関係というものがあります。
そこで資産運用を比較してみてみましょう。

銀行預金(定期預金、普通預金)、投資信託などとマンション投資比較

これに対してマンション投資・マンション経営は利回りが5~6%である事も多く、

インカムゲインである賃料も景気が悪いときでさえもあまり下がらないため、

投資効率に優れ、収益性、安定性を兼ね備えた資産運用として注目を集めてます。

資産運用はそれぞれに特徴があります。
キャピタルゲインを狙う資産運用、インカムゲインを狙うもの
リターンが高いもの、低いもの
リスクが高いもの、低いもの
資金のいるもの、あまりいらないもの

それぞれの特徴を把握し自分に合った資産運用をしていきたいものです。

マンション投資トップもどる

節税効果

一般のサラリーマンや公務員の方は、自営業の方と違って住宅ローン控除や医療費控除を除けば節税をする機会があまり無いとは思います。
普段、節税の機会のないサラリーマンの方でも節税することができるのが賃貸経営です。

ただ、マンション投資をはじめると家賃収入不労所得として入りますので、不動産所得として収入がある形になります。
給与以外の収入として不動産所得が発生することになります。
そうすると、勤め先の給与所得以外の収入があるため確定申告が必要になります。

マンション経営をすると必要経費が認められるようになります。
主に経費として認められるものには、登記費用、減価償却費、租税公課、管理費、ローン金利(建物分)、修繕費などがあります。

ここで特徴的なのは実際にお金が出ないのに経費計上できる減価償却費です。
たとえ、実際のキャッシュフローが少しプラスでもこれらの経費を帳簿上赤字計上ができるので、現在の所得と損益通算ができ、確定申告で所得税の還付を受けることができるのです。
また、その場合、住民税ももちろん減額されることになります。
マンション投資は、自己資金が少なくて済むことや、節税を行いながら将来の不労所得が手に入ります。
そのため、最近は一般の方がマンション投資をはじめるケースが増えております。

マンション投資