マンション投資メリット  他人資本で資産を形成

マンション投資は、金融機関のローンを利用した場合でも、返済に関して家賃収入でほとんど返済出来るため、家計を圧迫せずに他人資本で自身の資産形成を行うことができます。
マンション経営の最大のメリットである他人資本で資産を築けることで
マンション投資は、気軽に出来る資産運用として注目されています。

⇒⇒ マンション投資 他人資本で資産を形成

マンション投資メリット 年金対策・老後不安 個人年金との比較

現在日本の年金制度は、崩壊の危機を迎えております。

進む少子化高齢化社会のなかで自身が理想とする老後の生活を送るには、どのように行動すれば良いのでしょうか。
年齢を重ねた時には、就労によってわずかな賃金を得るのにも大変な苦労が必要です。
マンション投資は、賃貸として貸し出し、入居者からの家賃を収入源とする、いわゆる不労所得の一種です。
マンション投資を行い、年金プラス家賃収入があれば老後の生活はガラリと変わります。

⇒⇒ 年金対策・老後不安 個人年金との比較

マンション投資 他人資本で資産を形成

マンション投資の最大のメリットとして、他人資本資産形成できるという事があげられます。

他人資本で資産を形成?
一体どのようなことなのでしょうか?

マンション投資は、ワンルームマンションローンを組んで購入し、そのローンの返済を入居者からの月々の家賃で相殺し、ローンの返済を行います。
それによって、わずかな自己資金で2000~3000万円ほどの不動産資産として残ります。
自身の資本は、わずかな自己資金
だけで後は入居者の家賃で自身のローンを返してもらいます。
その後には、無借金のマンションが自分の物に手になるというわけです。
無借金になった物件を売却してもお金が残りますし、年金代わりに家賃収入をもらうのも非常にいい方法です。

つまり、他人の資本(入居者の家賃)で自分の借金を返してもらい資産形成が出来ることになります。

こういった資産運用は、不動産投資以外にあまりないように思います。
株を購入するのでお金を貸してくださいと言っても銀行が貸してくれる可能性は、ほぼないです。
不動産を購入したいのでお金を貸してくださいと言えば高確率で銀行は貸してくれます。
銀行のお金という他人のお金を活用して資産運用をしてみましょう。

マンション投資