2極化するということ

2極化と聞くと多くの方が、人口の2極化、地価の2極化を思い浮かべるかもしれませんが
今回は自分の将来の2極化についてお話しようと思います。

マンション投資をするかしないかで、自分の将来が2極化すると思ったことはありませんか。
はっきり言って、経済的な状況が2極化するのです。

不動産投資は、いま行なって入ってくる収入も大きいですが、自分の将来、老後といった先々の経済状況を安定させてくれるものです。

昨今、生活保護受給の問題が社会的な問題として大きく取り上げられていますが、実際に日本国民の生活水準は大きく2極化しているといってもいいでしょう。
上手に資産運用している人は、不景気や国際的経済不安問題など関係なく、安定した豊かな生活を送っています。

しかし、資産運用どころか、定職さえもなく、日々の暮らしに追われている人も数多くいるのです。
日本人はすべて中流階級だ、中産階級だ、などといわれた時代は遠い昔の話です。

将来の日本経済を想像すると、今、マンション経営に限らず、何か資産運用を始めておかないと、困るのは自分です。自分の暮らしを守るのは自分しかいません。

2極化の、悪い方へ自分が入るのか、良い方に入るのかは、将来のための準備を始めるか始めないかで決まってしまうようなものなのです。

マンション投資は、少ない収入でも始めることが可能です。収入が少ない人ほど、将来のことを案じて、資産運用を始めた方がよいということを、真剣に考えるべきです。
今後、勝ち組と、負け組にますます2極化されていくであろう日本国民の生活水準。自分の将来ときちんと向き合って、何ができるか考えてみたほうが良いのではないでしょうか。

マンション投資入門

マンション経営はこんなとこが他の投資に比べて優れている

投資用マンションを購入し運用を開始しても不動産管理業者を上手く使えば、
自分自身は特に何かすることなく、入居者対応や物件の維持管理といったわずらわしい仕事は全部、
不動産管理会社がしてくれます。
しっかりとした管理会社を使えば、銀行の口座の残高を確認するぐらいのものです。
もちろん自分で管理をする自主管理という方法もありますが、
知識無く不動産の管理を行なうとえらい目に遭うこともあります。
きちんとした知識が身につくまでは手間もかかりますので業者を活用することをお奨めします。
不動産投資で管理業者を上手く使い賃貸経営することは、手間が掛からずできる運用なのです。

だからといって株式投資のように経営に対して何も手を下せないのではなく
経営を自らの手でコントロールが出来る為、マンション投資はリスクを回避しやすいのです。
例えば、株投資の場合はリスクに対して経営に口出して回避することは、よほどの大株主で無い限り難しいです。
株式投資でできるリスク回避策は、株を保有し続けるか、売却するぐらいしか選択肢がございません。

しかし、マンション投資であれば他にも手を打てます。
空室が多かったり、家賃が取れていない物件であれば、リフォームや募集の仕方など
あらゆる空室対策を打つことで投資効率を上げることも可能です。
公務員やサラリーマンの方が不動産投資をしたとしても経営者となって運営方針などを
決めていくのです。

マンション投資入門講座

インフレ対策にマンション経営が有効?

インフレ対策マンション投資が有効? マンション経営Q&A

【質問】
インフレ対策マンション経営が有効なのはなぜ?

【答え】
まずインフレとは何でしょう。
物価が継続して上昇する現象のことで、モノの値段が上がり続け、通貨の実質的価値が低くなることです。

インフレ対策にはマンション経営などの不動産を持つことは非常に有効です。

日本人の99%の人がインフレ対策を行っていないといわれています。

しかし、今の日本の状況を考えるとインフレ対策はしておく必要が有りそうです。

国のあの莫大な借金を無くすには、インフレにする以外あまり良い考えが思いつきません。

今すぐにでなくとも将来的なインフレは避けれないように感じます。

それでなくとも過去100年の世界先進国のインフレ率は、大体年間2~3%です。 このような上昇が続く
と、考えると30年後には物価は2倍以上になっていても 決して不思議ではありません。

だからこそインフレに備えて対策が必要なのですが、
インフレが起きますと同時に資産インフレを引き起こす可能性が高いのです。

インフレ時に現金や預貯金で持っていた場合、資産が目減りしてしまう為、対策が必要です。

物価の上昇に伴い不動産の資産価値・家賃も上昇する事が多いので、
インフレに強く現金のように目減りしません。

だからこそ、マンション経営はインフレ対策に有効だといわれているのです。

マンション投資