マンション投資における投資用ローンの知識

マンション投資における投資用ローンの知識が必要なのはなぜか?

マンション投資を行う際には、金額が大きいだけに
ほとんどの方は金融機関から融資を受けて購入されています。

一部には現金買いでバンバン購入する人もいるかもしれませんが、
そういう人はかなりの少数派ではないでしょうか?

そこでマンション投資においては、金融機関からの借入れの力を
上手く利用していけば、そのレバレッジ効果によって
自己資金が少なくてもワンルームマンション経営を効率よく出来ます。

だからこそ、投資用ローンの知識を得ておく事が大切なのです。

この融資の特徴などを前もって把握しておかないと、
先々思わぬリスクを背負うことになりかねません。

そのため、ワンルームマンション経営において融資を利用する場合には、
少しは投資用ローンの知識を身に付けておくことが必要です。

潤沢な自己資金がある方は、利息を払ってまで借り入れをして
物件を買う必要はありませんが、レバレッジの効果を考えれば
使った方がいい事もあります。

ただ、ほとんどの方は、お金があるけど効率的に運用する為、あえて使うというよりは、
少ない自己資金で不動産投資を行うため、融資を使う方がほとんどではないでしょうか?

ただし、融資を受けようとしたときにこんな疑問はわいてきませんか?

・どのくらい自己資金を入れればいいのか?

・物件価格に対していくらの融資額を受ければいいのか?

そこはあなたが買う物件の額とかでも変わってきますし、
借りる方のの属性とか資産背景でも変わります。

ですから、人それぞれによって一番良い方法というのは
もちろん違います。

だからこそ、借り入れをしてマンション投資をするのであれば、
ファイナンスのことをちゃんとと頭に入れておく事が重要です。

ですから、返済比率や返済方法などを含めて、
自分に取ってどんな融資スタイルが一番いいのか?

それををキチンと見極めることがとても大切です。

マンション投資

投資用ローン 現在の金融機関の融資状況

マンション投資 投資用ローン 現在の金融機関の融資状況

現在の金融機関の融資状況はリーマンショック直後の頃に比べると
優良な貸出先には、不動産投資家向け融資で積極的に融資する動きが出てきました。

物件の収益性や評価次第では、購入資金をかなりの掛け目で融資する銀行も出てきた状況です。

現在、リーマンショック以降、停滞が続いていた国内不動産市場に変化が見られ、

不動産投資市場は活気を取り戻しつつあります。

特に以前より個人投資家が、積極的な動きを見せております。

サラリーマンや個人投資家向けの書籍も多く出版されるようになり、不動産投資セミナーも以前に比べ多く開催され盛況な模様です。

個人だけではなく、J-REITにおいても昨年秋

日銀の買い入れによるJ-REIT市場の回復もあり、REIT指数も上昇している。

金融機関もリーマンショック以降、引き締めていたREITに対しての融資姿勢を変化させており、REIT側も積極的に物件を仕入れ始めた模様です。

ただ、依然として信用力のあるれば、貸しますが、様々な不安要素があれば、審査は通らないと部分もないこともありません。

個人なら、一部上場企業勤務であったり、公務員の方であれば融資は出ますが、会社の信用がない場合は相変わらず融資は厳しいようです。

もちろん、年収の低く自己資金の少ないサラリーマンなどに対して頭金なしで1棟もの融資をするわけではありません。

ただ、景気が本格的に回復したとしてもそういった属性の方に1棟モノの融資をするかといえばそうではないと思います。

そういった方々であれば、まずは融資が出て自己資金の少なくて済む区分所有マンション投資から始めた方が良いかもしれません。

マンション投資入門講座

マンション投資のローンについて

マンション経営 Q&A

ローンについて

質問

マンション投資の場合、ローンを組んだ方が有利と言われていますが、本当でしょうか?

答え

これは、ある部分正しいです。
ローンを組んで不動産投資をした方が、有利だといわれているのはレバレッジ効果によるものです。

これは、てこの原理により、少ない自己資金を使い投資効率を高める手法のことです。

よくFXなどの金融商品でも使われます。

しかし、レバレッジにはリスクも内包しております。

投資においての収益性もてこの原理で高めますが、リスクも同じように高める手法になります。

ただ、不動産投資におけるレバレッジは、金融商品よりも良い部分もあります。

金融商品の場合、ロスカットや追証が発生しますので価格が下がったときには
何らかの損失が発生します。

先物やFXのイメージから過度にレバッレッジについて怖がっている方も見受けられます。

不動産投資であれば、もし、物件を購入したけれども景気悪化によって物件価格が下がったとしても
安定した賃貸収入があるのであれば手放さず持ち続ければ、ローンの残債は減り続けます。

そして、無借金になるまで持ちつけても良いですし、景気が良くなったところで売却してもいいのです。
レバレッジは上手く使えば、投資においての武器になりますのでリスクと比較しながら資金を
有効活用しましょう。

マンション投資入門