マンション投資のローン、融資条件はどんな感じ?

投資用ローンの融資条件がどうなっているのか知りたい人は、まず不動産会社などの担当者から基本知識を知るとよいでしょう。

ワンルームなどのマンション投資をはじめとする不動産賃貸経営は、ひとつの事業としてみなされます。
ですから、始めようとするご本人も、事業の経営者としてローンの融資条件を理解し、また効率の善し悪しを見分ける目や知識を持つことが大切です。

かと言って、一度や二度、話を聞いただけではなかなか分かりにくいところがあることも否めません。
そこで、不動産会社などを上手に利用すると、金融機関などとローンの融資条件を好条件に交渉してくれます。
また、提携先の金融機関を紹介してくれることもあります。個人では得ることが難しい知識や情報を知ることもできます。

そして、スペシャリストとしての意見を聞けることは、非常に重要なことです。

ワンルームなどの不動産投資は、立地や物件、そして賃貸経営を始めようとするご本人の信用など、多数のチェックポイントを通過して初めて融をを受けることができます。

このローンが融資条件という観点から妥当であるかどうか、融資条件の中に自分にとって不利な点はないかなど、専門家の意見を聞くことで再確認することができるのです。

大企業であっても、経営コンサルタントがついて経営に対してアドバイスをします。
不動産のオーナーになるのですから、ローンの融資条件についても、専門のコンサルタントの意見を聞く、と考えればいいのです。
そして、最良の条件で融資を受け、事業の経営者として成功を勝ち取ればよいのです。

投資用ローンの返済は賃貸収入を充てるというのが、不動産投資でのローンの基本です。
毎月入ってくる家賃を返済に充当させるので、投資ローンを組んでも返済に困ることはありません。
ただし、国全体の社会経済状態が不安定になるなどの不測の事態が起こることは、リスクマネジメントとして考慮しておいたほうがよいでしょう。

不動産投資でのローンは、一般の住宅ローンとは異なります。
では、住宅ローンをすでに利用している人は、投資用ローンを組めないかといえば、そうではなくて、併用することは可能なのです。

住宅ローンの返済だけで大変だから、このほかのマンション投資などでローンを組むことは無理だと思っている人が多いようですが、そういう人こそワンルームマンションの賃貸経営などを含めた投資用ローンを組んで、副収入を増やす計画を立てるべきなのです。

マンション投資は巨額の試算を持つ人だけが行なう投資ではありません。むしろ、コツコツと働いて暮らしているサラリーマンに向いているのです。

収入と支出のバランスを堅実に管理できる人であれば、ローンの返済に悩むことはないでしょう。

個人投資家として、賃貸経営者として、確実な返済計画のもと、生活経営を行なって行けばいいだけでのことなのです。

サラリーマンとしての暮らしだけで一生を終えるという生き方もあるでしょうが、返済の負担を増やすわけではないマンション経営でのローンなら、安全に資産を殖やしていくことができるのです。
賢い投資ローンの使い方で、豊かな人生を送ってみてはどうでしょうか。

【マンション投資入門講座TOP】

マンション投資と住宅ローン

マンション投資と住宅ローン

マンション投資をすると住宅ローンが組めなくなるの?
という質問を受けましたのでお答えしたいと思います。

これは、住宅ローンを貸し出す金融機関の審査の仕方によります。
金融機関には、投資用物件を持っていた場合、家賃収入を収入として見てくれるところ、
家賃収入は、収入としてまったく見てくれないところ、一部は、勘案してくれるところ、
そして、金融機関によっては、投資用物件の借入は一切、借金として見ないでくれるところと
4つのパターンがございます。
年収が高ければ、何の問題もないのかもしれませんが、年収がそれほど高くない場合は、
影響があるかもしれません。

投資用マンションを持っていて住宅ローンを借りられない状況となった場合は、
金融機関を変えてトライしてみるのが、いいかもしれません。
どの銀行が、賃貸収入を年収として見てくれるかどうかなどの情報は
不動産業者が持っていることが多いので信頼のおける業者さんに
聞いてみるのがいいのではないでしょうか?

マンション経営

投資するときの全額自己資金で投資する方

マンション投資するときの全額自己資金で投資する方はわずかですから
たいていの方は融資を使います。
じゃあ融資条件や本人の属性(年収)がどんな人に貸し出しするのでしょうか?
投資用マンションローンの場合、物件よりも個人の属性を重視する傾向があり、
年収の最低ラインが450万円以上、公務員や上場企業やそれに準じる企業に勤務のサラリーマンの方で
勤続年数が3年がワンルームマンション経営に取り組める大まかなラインです。
後は、返済比率という自分の年収に対して支払いなどの返済額を合計して35%以内というのが大まかな目安です。
年収倍率という基準もあり、自分の年収の6~7倍ぐらいが大まかな買い入れ可能な上限になります。

ただ、諦めるのは早いです。
保有物件の家賃収入を収入として参入してくれる金融機関、年収や勤務先にこだわらない金融機関、
年収倍率がないところなど様々なので一度自分が取り組むことが可能なのか、
実際に不動産業者や金融機関に聞いたほうがいいでしょう。

また、マンション販売業者よっては提携ローンなどもあります。

トップに戻る