不動産投資と融資

個人が不動産投資を行なう際に、すべてを手持ちの資金で賄う人は多くはありません。
節税を考えるためにも住宅ローンなど、金融機関から融資を受けて行なうことが一般的です。

最近では、早期リタイアや老後の人生設計のために、サラリーマンがマンション投資などをするケースも増えており、この場合にはローンを組むことがほとんどです。

不動産投資の成功の鍵は融資の受け方、ローンの組み方にあると言っても過言ではないでしょう。

なぜなら、ローンの利息や条件によっては、賃貸収入とのバランスが整わずに赤字になってしまうことも起こらないとは言えないからです。

昨今では、金融機関はサラリーマンの不動産投資に対して前向きな支援体制が見られ、機関によっては専門の部門を設けてアドバイスやコンサルティングまで行なっています。

とくに地方銀行や信用金庫、信用組合においては地域活性化、収益構造確保のためにも融資に前向きだといわれており、物件の選び方や運営の仕方まで相談にのっているところもあるようです。

ノンバンクと呼ばれる民間のローン会社も積極的に行なっていますが銀行や信用金庫と比較すると若干金利が高い傾向にあります。
その分、審査基準がゆるいというメリットもありますので、よく条件を確認するとよいでしょう。

不動産投資顧問会社などでは、初心者のための投資セミナーなども行なっていて、その際にローンや金利、投資の利回りについての知識を教えてくれるだけでなく、金融機関の紹介をしてくれるところもあるようです。
これらを上手に利用して、効率的な投資を行なうことが理想です。

トップページ

投資ローン 住宅ローンとの違いって?

投資マンションなどを購入するときに使う不動産の投資ローンと、一般的な住宅ローンとの違いがどこにあるのか分かっている人は少ないかもしれません。

会社経営は投資である、というのが経済額、経営学の基本です。
会社は設備や人材を集めて投資して、利益を得ることが目的だからです。

不動産などの投資ローンも、マンションやアパートなどにみる賃貸経営というひとつの事業です。
賃貸経営は、ただ所有する部屋を人に貸して家賃を取るだけではなく、そこから生まれる利益をいかに上げるかが重要なポイントです。つまり会社経営と同じだということです。

この投資ローンと住宅ローンとの違いは、住宅ローンは住居となる不動産物件を入手するために、サラリーマンなどの定期収入から返済していく、生活費の一部という見方をすることができるところです。

もちろん資産としても残りますが、住宅ローンを完済する頃には、建物自体の耐用年数も厳しい状態になっていることが多く、資産というよりも住まう機能を購入して住宅ローンを組むというほうが適性かもしれません。

不動産などの投資ローンと住宅ローンとの違いは、この根本的な考え方にありため、融資条件や返済計画などについてもさまざまに異なる点があります。
また、区分所有と1棟ものでもちがいます。
アパートローンとプロパーローンでも違いはあります。

投資ローンと住宅ローンとの違いを知らずに、自分は住宅ローンを組んでいるから、もう投資ローンは組めないだろうと不動産投資をあきらめてしまうことはもったいないことです。
また逆に、住宅ローンとの違いはないだろうから、投資ローンも同じように考えればいいと思っている人は、無理な計画を立てることにもつながります。

まずは、不動産投資会社などの専門機関に相談してみるといいのではないかと思います。

サイトトップ

頭金ゼロからでもはじめられるマンション投資?

「頭金ゼロからでもはじめられるマンション投資!」
「資金ゼロでもマンションのオーナーに!」こうしたうたい文句が不動産投資の広告に見られます。

これらのセールストークはまんざら間違っているわけではありません。
しかし、では誰でも資金ゼロでマンション経営がはじめられるかというと、そうではありません。
それには条件があるのです。

銀行をはじめとした金融機関は、お金を貸し出すことで利益を得ています。
いつでもお金を貸せる相手を探しているのです。しかしお金が貸せるのなら誰でも貸してくれるわけではありません。
返せる見込みのない相手には貸しません。つまり信用のある相手にしか貸さないのです。
 景気が悪くなると誰でもお金を借りたがらなくなります。
日本は長引く不況で企業が設備投資をしたがりません。

借りても返せるかどうか分からないからです。
そうなると金融機関は借り手が少なくなるため、個人でも将来にわたって安定した収入が見込める相手なら、有利な条件でお金を貸してくれます。

 マンション投資で必要となる資金は、投資をはじめる年齢によって大きく異なってきます。
企業の設備投資が鈍い昨今では、金融機関は信用性が高い相手であれば、個人でも高額の融資を受け付けてくれます。
たとえばある程度の企業に正社員として就職されているサラリーマンの方で、将来性のある若い方なら、少ない資金でも高額の融資が受けることができます。

 不動産投資の場合は土地やマンションといった現物投資なので、その現物が担保となり、より借りやすくなります。

さらに日本では低金利が続いています。
低金利の時には、それだけ利息が安くなるので、より有利な融資が受けられるのです。
具体的には借り入れる年齢にもよりますが、若いうちなら少ない頭金で高額な融資が受けられ、
ローンもより長期のものが組めるため、毎月の返済額は少なくて済みます。
 マンション投資の場合、金融機関から借り入れたローンの返済分は、マンション経営をすることで
得られる家賃をあてることができるため、毎月の返済に追われることもありません。

購入する物件を取り扱っている不動産会社と金融機関との結びつきの強さによっては、
確かに頭金がまったく無くてもマンションを買うくらいの融資を受けられる例もあります。
 しかし、年齢が進んで40代以降になると、将来にわたって長期的な返済が難しくなるため、
相応の頭金か担保がなければ高額な融資が受けづらくなってきます。

どの程度の頭金が必要になるかは借り入れる金額、負債者本人あるいは本人が所属する企業の社会的な信用度によっても違ってきます。
信用度が高ければ高いほど、少ない資金で有利な融資が受けられます。

 不動産投資は長期にわたる投資です。

それだけに投資をはじめる時期は重要です。

より有利な投資を望まれるのであれば、早い段階から検討をはじめることをお薦めします。

 バブル崩壊後、土地の価格は下落傾向が続きましたが、いまが底値とも言われ、
今後は徐々に値上がりに転じると予測する専門家も少なくありません。
不動産に投資するのなら、いまがチャンスかもしれません。

マンション投資入門講座TOPにもどる