マンション投資で融資を申し込むとき書類は何が必要?

マンション投資で融資を申し込むとき書類は何が必要?

金融機関に融資を申し込む時に何を提出すればいいのかわからいという人も
多いのではないでしょうか?
書類は前もって何を用意しておけばいいのでしょうか。

区分所有を購入する場合、多くのケースで投資マンションローンやアパートローンなどを
使うことが多いです。

その場合普通のプロパー融資より提出する書類が少なくて
実行まで1ヶ月も掛からないケースもあります。

ただ、少ないといってもそれは不動産会社が提出してくれていたり
するケースも少なくありません。

一般的に下記のような書類が融資も仕込み時には必要になります。
・住民票
・印鑑証明書
・収入証明(源泉徴収書、納税証明書、確定申告書など)
・シミュレーションや事業計画書
・建物(土地)の謄本
・物件所在地地図
・物件概要
・公図
・固定資産税評価証明書
・建物図面
・賃貸借契約書など

上にあげた必要書類のとり方がわからないという人もいるでしょう。
住民票とか印鑑証明、課税証明は、自分の住所地の市役所で取得します。
これは代理でも取得が可能です。
固定資産評価書も市役所などで所得するのですが、これは
代理では取得できません。
公図や謄本に関してはその物件の管轄の法務局で取得するか、
今ではインターネットでも取得可能です。

収入証明になる源泉徴収票などは勤務先に発行してもらいます。
確定申告の写し、納税証明書などは管轄の税務署で取得します。
買う物件の資料については不動産業者に頼みます。
金融機関の担当者にとっては融資を判断する際に
書類関係はとても重要は判断材料となります。

早く書類を取得すれば融資実行まで早くなります。
書類は早めに集めましょう。

マンション投資入門

マンション経営を始めるまでの流れ

マンション投資を始める時に最初に行なうことは知識の習得です。

まずはメリットを理解することで、

「マンション投資をするとあなたにどのようなメリットがあるのか?」

を考える必要がございます。

メリットに関しては様々ありますので、まずは

「あなたにとってどのようなメリットがあるのか?」

を知っていただければと思います。

次にリスクの理解することで不動産投資も投資になりますのでリスクは存在します。

そのリスクを知る必要があります。

リスクを知ることがマンション投資の基本となり、
不動産投資の最大のリスク回避の方法はリスクを知ることだと言われています。

そして次にリスクへの対応方を学びます。

マンション経営においてのリスクを0にすることは出来ません。

しかし、その可能性を低くする事は十分可能です。

その後は具体的な物件を選定する為の会社選び、ローン選択、物件選びとありますが、
マンション投資の会社によってシステムも様々であり、
取り扱える金融機関も様々になります。

また物件自体も金融機関から担保価値が高いと評価をされれば、100%ローンを使うことも可能になります。

頭金0で預貯金を取り崩す必要がなく、資産形成がはじめられるのは、
このような担保価値を高い物件を見つけることが重要なのです。

物件の評価が高くても金融機関や金利などの条件はその人の属性によりそれぞれ異なりますので
金融機関や不動産会社にまずはお問合せして
自分がどういった金融機関が使えそうなのか把握しておくといいでしょう。

次に物件選びですが、金融機関が決まれば、融資条件とあなたの条件にそった形でを物件選び、
お申し込みの流れになります。

そして、銀行の融資審査があり融資が実行され物件の引渡しとなります。

物件の引渡しが済めば晴れて大家さんとなり
節税や保険の見直しなどマンション経営多くのメリットを感じて頂ける事でしょう。