人口減少と日本経済とマンション投資

今までもこのサイトでは人口減少とマンション投資の関係についてお話してきました。

マンション投資における人口は、賃貸経営における需要にあたり、

この需要が少なくなれば家賃の下落の可能性が出てきます。

それでは、これから先の賃貸経営は厳しいのか?

確かに日本全体で考えればそうかもしれません。

こういった人口減少が、起きている中でも人口が増えているエリアがあります。

また、世帯数は、まだ増えています。

もっとターゲットを絞れば、核家族化が進み、単身世帯は増え続けています。

たしかに日本人の人口が減少していることは周知の事実です。

そして2004年をピークに人口が減少し始めている日本。

地方の過疎地域では、集落の平均年齢が70代80代ということも決して珍しいことではなく、50代は若手だと言われるのも日常茶飯事です。

この人口減少は日本経済にどのような事態を引き起こすのか、さまざまなシミュレーションがなされています。

もっとも懸念されているのは社会保障を似担う世代の人口減少です。若年層一人ひとりにかかる負担が大きく、不公平感が募ることも予想されます。

また、人口減少は経済規模全体の縮小につながり、消費力の減少、生産力の減少、ひいては日本の国家経済緑の衰退を示唆する声も少なくありません。

これらの解消法法として、まず労働者人口を増やす手だてとして挙げられるのは、高齢者の社会参加、女性の社会参加、そして外国人労働者の積極的受け入れです。

すでに定年退職した高齢者であっても、秀でた知識、優れた技能を保持している人が、年金を補う程度の賃金で社会参加することは大いに歓迎され、その高齢者は消費者ともなりうるので、経済効果が期待されます。

女性の社会参加については、育児保育施設の確保、夫の育児休暇認定、大手企業における女性役員の登用など、女性が働きやすい環境整備をする必要がありますが、女性は消費傾向が高いので、給与所得者に鳴る事は日本経済にとって多大な利益をもたらすことが予測されます。

最も早く、最も難しいのが外国人労働者の受け入れについてです。
これは居住、労働、社会保障、税金、選挙権など複合的な面からの法整備が重要であり、思考の文化的差異が引き起こす問題なども含めて、識者の検討を経て解決策を見いだすことが求められるでしょう。

今後、マンション経営においても外国人などをとりこんでいくことも必要になってくることでしょう。

トップに戻る

投資に有利なマンションとは

 投資は資産をより効率的に運用する手段です。マンション投資は物件の値上がりを狙ったキャピタルゲインが望めなくなった現状では、購入した物件は売却するときに価格が下落していますから、賃料収入を考慮しなければ資産運用になりません。このため、マンション投資では投資以上の利益をあげるためには長い期間がかかります。

 しかし急に資産が必要になった場合のことを考えると、なるべく売却価格が下落しにくい物件を購入しておきたいというのは、マンション投資をしている方なら誰もが望むところでしょう。
実際、マンションの価格の下落率というものは一律ではなく、なかには価格が下がりにくい物件もあります。

 価格の下落を抑える要素として、もっとも重要なのは立地です。郊外のマンションよりも都心部のマンションのほうが価格は下がりづらい傾向にあります。
同じ価格のマンションを購入するならば、郊外の間取りの広いマンションよりも、都心の狭いマンションのほうが物件自体の資産価値は下がりづらいということです。

 また、たとえばマンションを建設することが難しい閑静な住宅地などにあるマンションは、希少性が高いところから価格の下落は少なくなります。こうした地域では新たなマンションも建ちづらく、競争による価格下落の激化も起こりません。
同じ理由から建築規制の厳しい地域のマンションも下落は抑えられます。そのほか人気の高い街に建てられているマンションも、需要が高いところから値崩れは少なくなります。

 これらの立地条件を満足させるマンションは、もともと数が少ないうえに中古であっても高額で、資金の少ない方には購入しづらい物件です。
しかし資産をまもるための投資を考えている方は、一度検討されることをお薦めします。

マンション投資入門講座

マンション投資をするには、やはり東京23区が最適?

マンション投資をするには、やはり東京23区が最適です。

賃貸経営は、郊外や地方でも充分にすることは可能ですが、都市部においては、その安全度はかなり高いといえます。

都市部というのは、例えば政令指定都市のように、法定人口が50万人を超えている都市で、関東地域では横浜市、川崎市、相模原市などがあります。また名古屋市、大阪市、京都市などもこの政令指定都市です。

こうした大都市は、学校や就業場所が多いことから、当然住居が求められます。
とくに学生や若年層の社会人は一人暮らしをするケースが多いため、この住居はマンションが選ばれることが多く、不動産投資に向いているといえるのです。

さらに東京は日本の首都でもあり、東京23区は、他の都市部と比べても圧倒的な人口、学校数、就業施設数があります。
このため、マンション投資を行なった際、ある水準以上の家賃が確保できること、空室率が低いことなどが、マンション経営に最適な理由となっているのです。

また、これからマンション経営を始める人にとって、東京23区は投資に向いている物件も多く、どれも価値が高いうえに、その価値が下がる率も低いので、マンション投資を安全に行なうことができるのです。

東京23区は、投資用などに使われる物件の広告も多数配布されます。こうした情報源の豊かさも、23区が不動産投資に向いている理由です。
さらに、入居者に向けた広告や情報配信も活発に行なわれていますから、東京23区でマンション投資を行なう人は、安心して投資用ワンルームマンションの会社に委託しておくことができるというわけです。

他にも考えたいことがありますそれは23区内で盛んに行われている再開発です。
マンション投資に向いている物件が、いま、地域の再開発で新たにたくさん誕生しつつあります。
最近ではスカイツリーの周辺少し前であれば
例えば東京では、品川、大崎などの湾岸エリアが再開発ラッシュとも言うべき状態で、マンション投資に最適な物件が次々に誕生しています。
また、都心部では港区、新宿区、中央区エリアでも、数々の再開発が行なわれています。
この地域は、意外にも古くからの小さな住宅が集まった密集地帯が数多くあり、それぞれの建物は築年数がかなり経ってしまっていることから、防災意識の高まりもあって、再開発に積極的な姿勢が伺えます。

こうした数々の再開発を見逃す手はありません。
不動産投資を考えるなら、今が大きなチャンスです。

通勤通学がドアツードアで30分以内という物件なら、投資先にもってこいです。

再開発のおかげで、こうした物件がたくさん完成している今なら、マンション経営が初心者の方でも、安心して始めることができるはずです。

再開発の計画は、たいてい地域の行政でも把握していますから、行政の広報紙などを手に入れられれば、随分と早いうちから知ることができます。
もちろん、すでに販売を開始している物件は、マンション経営に向けた工夫もなされているものが多いですから、投資する人にとってはメリットが多数あるはずです。

マンション投資に関心を持ったなら、不動産会社などの営業担当者に相談してみることをおすすめします。
また、たくさん初心者向けセミナーなども開催していますから、ぜひ一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

マンション投資