高齢者住宅

少子高齢化と言われ続けている日本。
政府が公表した「2012年版高齢社会白書」によれば、65歳以上の高齢者数は2011年10月現在、過去最多の2,975万人となり、総人口に占める割合である高齢化率も過去最高の23、3%に上がりました。

人生90年と言われるこの時代、日本人の平均寿命は男性が79、6歳、女性は86、39歳となっています。

しかし、高齢になれば身体にも衰えが生じ、若くて健康な人にとっては何でもないことが負担となってきます。

例えば、住宅の玄関先の段差でつまづいたり、杖や車椅子を仕様している高齢者にとっては大きな障壁となるでしょう。

またトイレや浴室などでの身体の動きを支える手すり一つがあるか無いかでも、高齢者にとっては大きな違いになります。

このような身体的弱者が健常者と同様にラクに利用できる住宅や設備はユニバーサルデザインの一つとして考えられています。
日本ではバリアフリーという呼び方のほうが一般的ですが、ユニバーサルデザインという広義のなかの在り方がバリアフリーです。

人口ピラミッドを見ても一目瞭然である、将来の住宅需要は高齢者住宅となるでしょう。

些細な部分に気遣いが施された住宅は、高齢者に限らず、小さい子どもや妊婦にとっても安全で暮らしやすいことは想像しやすいでしょう。

需要を先読みして供給をすることが利益をもたらすことも容易に想像できます。今後、絶対に必要とされる住宅のスタイルを知り、リサーチしておくことは、不動産関係者にとって重要なことではないでしょうか。

23区のマンションに投資するのはどうなのか?

マンション投資を行なうならば、まず地域の選定の基準にしたいのが23区にあることです。

東京23区は、日本全国でも人口が多い地域です。
2013年4月調べでは、東京都の人口は13,221,566人、このうち23区の人工は9,002,472人です。
もっとも人口が多いのは世田谷区で885,492人、2位は練馬区の717,570人、3位は大田区の696,439人となっています。
以下、10位の品川区までは36万~50万人です。

人口密度が高い上位3位は、豊島区、中野区、荒川区です。
中野区は副都心に近い場所にありながら、1キロ平方メートルあたり2万人を超える密集地域で、人口密度が最も低い千代田区4、000人以下に比べると5倍になります。

東京23区は、首都機能をはじめとして多くの企業が集まっており、行政、病院、学校、金融機関、商業施設などの生活に必要な機能もきめ細やかに揃っています。
言うまでもなく、電鉄、地下鉄、バス、タクシー、高速道路などの交通インフラが行き届いていますから、仕事をするにも、生活をするにも便利で快適な毎日を送ることができます。

マンション投資は、入居者がいてはじめて賃料が入ってきますので、人口が多い、流入者が多い地域にあることは入居率が高いと予想されます。

空室の期間をできるだけ少なくするためには、都市部に投資物件を持つことがリスク軽減につながります。

サイトトップ

また将来、物件を売却することがあったとしても、都市部の物件であれば売却がスムーズに行くと考えられます。

非婚化

2011年の厚生労働省の調査によると、50才時点でまだ一度も結婚したことがない人の割合は20%を突破したそうです。

この推計でみると、10年後には、男性の4人に一人は一生結婚しないことになります。
また20年後には30%の男性が、一生結婚しないとも読まれていますし、同時に女性も4人に一人は、一生結婚しないと予測されています。

日本は、いま確実に非婚化という方向にシフトしていることは間違いないのです。
これは将来どのような社会を形成していくのでしょうか。
少子化はもちろんのことですが、夫婦というカップルの形が少なくなるわけですから、住居の在り方も変わってきます。

平成時代に入った頃には二世帯住宅というのがブームになりましたが、今後は一人暮らし用の住宅に需要が集まってくると考えられるのです。

しかも、夫婦というカップルでもないのですから、持ち家が欲しいなどというこだわりもなく、気楽な賃貸生活に留まることが予想されます。

フリーターも一向に減少しない傾向を見ても、毎月の生活費を安価に済ませたいと考える人たちも増加することが予想されます。

この社会事象から、ワンルームマンションにニーズが集まることが伺えます。
つまり、今から投資をするのであれば、ワンルームマンションを購入して賃貸経営をする、という方法です。

20年後30年後に、単身者が増える予測が立っているのですから、この予測を自分の投資に活かすという決断は賢い選択になるはずです。

マンション投資