滞納保証を検討しては?

マンション投資で不安を覚えるのは、入居者の家賃の滞納です。万が一、家賃を滞納されてしまったら、返済しなくてはいけない月々のローンをどうやって返していけばいいのか?
そんな不安は必ず起こるものです。

しかし、心配は無用です。最近ではマンション経営を行なう際に、保証会社や不動産会社がこれらの問題を無くすために、保証をつけてくれるようになりました。
また、家賃を滞納している入居者への督促、集金などを代行してくれる管理会社もあります。

賃貸経営は、家賃収入が収益ですから、家賃を滞納されることは、本当に不安です。
この解消のために、不動産投資をする人を対象とした保証会社がいくつもあります。

クレジットカード会社と提携して、まず入居者が入居申し込み時に厳しい審査を行ない、その審査を通っても、
家賃をクレジットカード会社を通じて毎月支払うというスタイルにするので、マンション投資などをするひとにとっては安心なのです。

クレジットカード会社は、マンション投資をする人にとっては、ある意味で保険のような位置づけになります。
必ず毎月クレジットカード会社から家賃分がマンション投資をしている人に入るからです。

入居者で、家賃を滞納してしまった人がいたら、クレジットカード会社が代わりにその契約者に対して督促を行ないますから、
賃貸経営をしている、部屋のオーナーが直接、入居者と接触することもなく、気まずい思いをすることもないというわけです。

他にも家賃の滞納問題については、昨今さまざまな回避制度が生まれていますので、自分でもよく調べてみましょう。

マンション投資

マンション投資に関わる契約

マンション投資に関わる契約について

 マンション投資の他の投資と異なる特徴のひとつに契約があります。

マンション投資を行うにあたっては、さまざまな契約書を交わさなければなりません。
マンションを購入するだけでも、不動産業者とは「不動産売買契約」、金融機関とは「金銭消費貸借契約」や、購入するマンションを担保に入れるための「抵当権設定契約」を結ばなければなりません。

金銭消費貸借契約は返済を約束したうえで金銭を借り入れる契約のことで、抵当権設定契約とは、もし借り入れた金銭を返済することができなくなった場合に、担保としている物件を受け渡す契約のことです。

購入したマンションを人に貸す場合は「建物賃貸借契約」を結びます。

マンションを人に貸すと、それにともなって月々の集金やクレーム処理といった面倒な業務が発生します。

これを不動産業者や管理会社に委託する場合は、それらの業者と「賃貸管理業務委託契約」を結びます。

これらの業者に一括借り上げでマンション運営を委託するサブリースの場合は、業者との間に「建物賃貸借契約」を結ぶことになります。

 また、マンションを売却する場合は不動産業者に売却を依頼することになりますが、その場合は不動産業者との間に「媒介契約」を結ばなければなりません。

条件が折り合って買い手が見つかれば、買主との間で「不動産売買契約」を結びます。
 このように、マンション投資ではいくつもの契約を結んでいきますが、たいていは関連会社が手配したものに署名・捺印するだけです。しかし何かトラブルが起こった場合に、最終的に責任を取らなければならないのは、契約者本人です。

契約書のひとつひとつに必ず目を通し、内容をよく確認したうえで検討し、契約を結ぶように心がけてください。

マンション投資入門講座TOPに戻る

どの土地で買うべきか

マンション投資を始めるにあたって投資用のマンションをどの土地で買うべきか。

これはマンション投資の成否を問う大きな分岐点であるとも言えます。

当然、投資用マンションには自分自身が住む訳では無いですから、入居需要が多そうで、利回りの良い土地でのマンション投資をされるのが一番です。

そこで、やはりオススメしたいのが都心でのマンション投資。

地方の都市部でのマンション入居需要も年々高くなっておりますし、もちろん地方でマンション投資を成功されている方も多くいらっしゃいますが、
やはり都心部でのマンション投資の方がその入居需要の高さと、投資用物件の充実さ両面から見ても初めてのマンション投資には有利かと思われます。

その中でも、購入資金も安く入居需要が特に高いのが都心のワンルームマンション。
やはり、地方から入学や就職などで都心部に単身で上京される方は圧倒的に多いですし、SOHOオフィスとしての需要、単身赴任者向けの需要等、
都心部ならではの入居需要があるのも、都心でマンション投資をする大きなメリットであると言えるでしょう。

都心でマンション投資をする際に、そのデメリットとして挙げられやすいのがそのマンション価格の高さですが、当然都心部では入居者から得られる家賃相場も高く。

充分に高い利回りでのマンション投資を行う事が出来るのも、都心でマンション投資をされる方が増加している要因と言えます。

また、都心でマンション投資を始める際のもう一つのメリットが、都心部にはマンション投資会社も集中しており、優良なマンション投資会社を探しやすい点も大きなメリットでしょう。

マンション投資入門講座