不動産投資をタイプ別に分析する(新築マンション投資)

新築マンション投資(区分所有) 
   
 デメリット
 
   新築だと業者の営業コストなどでどうしても割高になりがち、

   新築プレミアと呼ばれる価格になってしまう可能性もある。

   しかし、ローンキャンセルなど訳ありで安くなることもある。

   新築マンションの家賃はは当初は高めに設定されるが、

   新築時の入居者が退去すれば本来の相場に戻る。
   (この幅については地域差、構造の差がある)

   メリット 

   最新設備が使える。

   間取りなどが時代にあっている。

   多くの法改正があり、現在の新築マンションは耐震性に優れる。

   年数が経過しても売却しやすい。

   融資が出やすい。

不動産投資をタイプ別に分析する(アパート一棟投資)

アパート一棟経営
   デメリット
   ワンルームマンション投資とは違い、物件の構造の関係で

   都心部には物件が少なくどうしても投資エリアは郊外、地方になる為、
   
   人口減地域だったりして将来的に賃貸需要減の可能性が高く空室リスクが大きい。
   

   一棟マンションほどではないがある程度の自己資金が必要。
   
     木造アパート、軽量鉄骨は耐久年数短く、修繕コスト大きくなる可能性も、
  
     ある程度年数が経過したときに建て替えしなければならない可能性がある。
 

   メリット
 

  築年数がある程度経過しているとかなり安く購入出来て高利回りな物件に出会えることもある。

   (ただ、築年数のある程度過ぎた木造アパートや軽量鉄骨のアパートだと耐用年数が短い為、
   ローンが組めないことも・・・・。)

新築マンション投資
   マンション投資入門講座

不動産投資をタイプ別に分析する(RC一棟マンション投資)

RC一棟マンション経営

デメリット

物件のボリュームの関係でどうしてもエリアは郊外、地方になるため、
空室リスク大きい。

投資する際の自己資金は資金はかなり掛かる。
物件のボリュームが大きい為多額のローンを組むことになる為、万が一のときのリスクが大きい。

メリット

規模が大きい為、大きな収益を生む可能性がある。

戸建賃貸や区分所有のマンション投資と違い空室リスクの際に収益が0か100とは
ならない。
(しかし、現実問題としては、埋まる物件は100%近い稼働率で
埋まらない物件は、20~30%しか、埋まらないことも見受けられる。

アパート一棟投資
マンション投資入門