東京 大阪 オフィス市場

東京 大阪 オフィス市場

マンション経営 ニュース

震災後の不動産の動きはどうなのか、
まず東京のオフィスビルの状況を見てみると震災前もまだ既存ビルオーナーによる賃料引き下げが続き
好況といえるような状況ではなかった。さらに東日本大震災が発生し
オフィス移転を考えていたような企業も移転を中断している。
取引が停滞ただ、立地の良いグレードの高いビルは人気を
集めているような状況がある。
今後、計画停電の影響を恐れて東京から移転する企業が続出するおそれもあったが、その影響もほとんどないようだ。

一部外資系は、原発事故の影響で移る動きの会社もあったが、それはごく一部であまり大阪のオフィス事情に
影響をあたえていない。もともと、大阪はオフィス需要より供給が多い為、なお空室率の上昇傾向にある。
大阪エリアのオフィス市場の回復はもう少し様子を見ないといけないようだ。

マンション投資

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。