マンション経営 失敗例 修繕費

マンション投資 失敗例 修繕費
マンション投資の失敗例としてはどんなものがあるのでしょうか?

マンション投資の失敗例で利回りの良い築古の中古マンションを購入したが、
購入してしばらく水漏れ事故を起きて莫大な修繕費が掛かった例などがあります。

築年数が20年を超える物件になりますと給排水のパイプスペース床下や壁の中に埋め込まれているケースが
かなりあります。
漏水を起こしたときは、壁を壊したり、床をはがして修繕いたしますので修繕費は莫大な金額に及びます。
安い中古ワンルームマンションなどを購入した場合、物件価格に匹敵するような金額に及びます。

そうなりますとせっかく安く購入しても結果的には高い買い物になってしまったという人もいます。

近年建築されたマンションはパイプスペースが外付けになっており、修繕やメンテナンスも手間が掛かりません。

投資して失敗したと思わない為にもそのあたりのリスクも考慮した上でマンションに投資するといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。