家賃保証

家賃保証(やちんほしょう)    マンション投資 マンション経営 用語集

家賃保証とは

不動産賃貸においては、転貸を目的とした一括借り上げの事を、家賃保証と
言うことが多い。

他にもサブリース、一括借上げ、空室保証と呼ぶケースも多い。

家賃保証契約とは不動産賃貸会社が一括で部屋を借りて、それを又貸しする契約に
なります。

だいたいが1棟のマンションであったり、ビルを一括で借り上げるケースが
ほとんどですが、ワンルームなどでは一戸づつという場合もあります。

注意が必要なのは家賃保証契約というのは、借上げ期間が35年とか
30年といった非常に長期であったとしてもその期間の間、当初の借上げ家賃が保証されるのではなく
あくまで2年とか3年で家賃の見直しがある事は知っておかなければなりません。

現在の入居者が出ていって次の入居者が決まるまで相当時間がかかる場合が往々にしてあると思います。

空室の間は家賃収入が入らず、物件を購入(建築)したときに組んだローンを自分で払わなければなりません。

そういったリスクを回避する為には 家賃保証を使えば、
入居者がもし見つからず、空室が続いたとしても安心です。

オーナーとしては、毎月いくらかの手数料を管理会社に支払えば
家賃を保証してもらえ、安定した収入が得られるメリット(魅力)は小さくないと思われます。

マンション投資入門講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。