マンション経営 流動性、換金性のリスク

流動性、換金性のリスクとは  マンション投資 流動性、換金性のリスク 

不動産独自の流通マーケットと不動産の流動性に影響を与える要素について考えましょう。

マンション経営のリスクの1つに流動性リスクがあります。不動産投資を行うにあたり、
考えておかなければならないリスクです。流動性リスクとは、売却したくてもできなるリスクのことで
流動性のリスクことを換金性のリスクともいいます。

投資商品の売買がスムーズに行くことを流動性が高いといいます。

不動産への現物投資は株式や債券などの金融商品とは違い、そもそも金額が大きいこと、売買相手を探すのが大変などの理由ために、
売買がカンタンではなく、流動性、換金性が低く、なかなか買い手が見つからないことはよくあります。

ただ、流動性、換金性を高めの物件を選ぶ方法はあります。

一つは、需要の高い立地の物件を選ぶことそして大きな物件を選ばないことです。

ボリュームが小さく需要のある都心部のワンルームマンションを選ぶと流動性、換金性は高めることが可能になります。

また、ローンがつきやすい物件を選ぶことも流動性、換金性のリスクヘッジになります。

マンション投資入門講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。