元金均等返済

元金均等返済(がんきんきんとうへんさい)  マンション投資 用語集

元金均等返済とは、住宅ローン等のローンの返済方式の1つで
元金均等方式、元金均等返済方式とも呼ばれます。

元金を毎回同額ずつ返済し、残元金に応じた利息分を支払うように設定された返済形式で、
元利金等返済よりも、総返済額が少なくなる元金均等返済の特徴です。

つまり、元金が早く減っていくので同じ返済金額なら、利子の総額も少なくなるので、返済への負担は軽くなります。

でも、当初の返済の負担が重くなるためキャッシュフローが悪化する側面もあり、
どちらの方がマンション経営にとっていいのかはその投資スタイルによります。

支払時期当初は、返済金額が大きくなりますが、元利均等方式よりも元金部分の返済が早く進むので
当初のキャッシュフローより返済総額を抑えたい方であれば
元利金等返済よりも、総返済額が少なくなる元金均等返済を選択するといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。