マンション経営 空室リスク

空室 リスクとは  マンション投資 空室リスク

マンション投資のインカムゲインは、部屋を貸すこと
によってその入居者から得られる毎月の家賃収入から発生します。

そのため、仮に入居者が退去した場合には、新しい入居者が見つかるまでの間は収入が途切れることになり、
家賃収入が入ってこなくなります。

そのときにローンを組んでいた場合、毎月のローン返済することができず、
自己資金を持ち出さなければならない事態につながります。

それは、大変大きなリスクです。

空室が出ないような物件を購入することが空室リスクに対する最大のリスクヘッジになります。

つまり、立地のいい人気のあるエリアで物件を購入することです。

例を挙げれば首都圏など賃貸需要のあり、しばらくの間、世帯数の増加などが考えられる
エリアで投資物件を購入することが、空室リスクに対するリスクヘッジになるのです。

現在利回りが高い物件を購入したとしても入居者が入らなければ絵に描いたモチになります。

仮に今ある程度、入居者がついていたとしても賃貸需要である人口が減っていくエリアで
投資物件を購入することは、将来的空室リスクを内包したままマンション経営をすることになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。