専属専任媒介契約

専属専任媒介契約(せんぞくせんにんばいかいけいやく) マンション経営 用語集

媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。

専任媒介の種類としては、専任媒介契約と専属専任媒介契約があります。

専任媒介契約の一種で、依頼者は仲介を依頼した不動産業者が見つけた相手方としか契約できない契約。

専任媒介契約に自己発見取引の禁止の特約(依頼者は、媒介を依頼した宅建業者が探索した相手方以外の者と、
売買または交換の契約を締結することができない旨の特約)を付した契約です。

つまり、専属専任媒介契約とは、依頼者は媒介契約をした業者の探した
相手以外とは契約を結べないというものです。

自分で取引相手を見つけて契約することも制限されたりと
依頼者側の縛りがきつくなる代わりに不動産会社の義務も厳しくなる。

依頼を受けた業者は、義務として媒介契約締結翌日から5日以内に指定流通機構(レインズ)に登録
して登録済み証を交付しなければならない。

また、1週間に1回以上の割合で活動状況を報告する義務があります。

契約期間は3か月以内。

マンション経営においては物件を管理している不動産会社と専任媒介契約や専属専任媒介契約をしているケースが多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。